Windows Phone のユーザー エクスペリエンスのデザイン ガイドライン

2012/02/09

Windows Phone は、ユーザーがどこにいても使えるアプリケーションを開発する刺激的なチャンスを提供します。デスクトップ コンピューティング プラットフォームのアプリケーションに匹敵する有用で魅力的なアプリケーションを作ることができます。このガイドでは、ユーザー エクスペリエンス デザインのベスト プラクティスを採用した Windows® Phone アプリケーション開発のためのアドバイスを提供します。これらのアドバイスは、Windows Phone を開発したエキスパートと初期のアプリケーションを作ったデザイナーから集められたものです。

このガイドのターゲット読者

このガイドは、Windows Phone アプリケーションのユーザー インタラクション モデル構築のガイドを必要とするアプリケーション デザイナーおよび開発者向けに作成されており、最高のユーザー エクスペリエンス デザインを構築するために必要な情報が提供されています。デザイナーと開発者の目標は、開発時に意図した方法でユーザーがそれぞれの目的を達成できるようなアプリケーション エクスペリエンスを創造することです。

はじめに、エンド ユーザーと、それらのユーザーがアプリケーションのユーザー インターフェイスをどのようにナビゲートするかについて熟考してください。アプリケーション利用のシナリオについて考え、どのようなスクリーン構成にするか事前にスケッチを作成します。スケッチ プロセスの詳細については、「Windows Phone アプリケーションのデザインの実装」を参照してください。

このガイドで説明しない事柄

このガイドでは、ゲームのデザインについては解説していません。視覚的なゲームのデザイン方法は、コントロール ベースのアプリケーション デザインとは非常に異なります。

このガイドでは、サードパーティ コントロールについては説明しておらず、それらの適切な使い方に関するアドバイスも含まれていません。ここで説明するのは、Microsoft® Corporation が提供しているコントロールのみです。

Windows Phone には Windows Internet Explorer® ブラウザが組み込まれており、Web サイトの閲覧に使用できます。このガイドでは、モバイル デバイス上で正しく検出やフォーマットを行う Web サイトの作成方法については説明していません。

このドキュメントは、ユーザー エクスペリエンス デザインの各側面に着目した複数のセクションに分かれています。各セクションで、Windows Phone アプリケーションのデザイン時に重要となる概念について紹介しています。アプリケーションの開発を始める前に、このドキュメントの内容すべてに目を通してください。

表示: