情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のマルチタスク

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

デバイスの高速で応答性に優れた操作性を確保し、消費電力を最適化するために、Windows Phone ではフォアグラウンドで一度に 1 つのアプリだけを実行できます。ただし、Windows Phone には、アプリがアクティブなフォアグラウンド アプリでないときでも操作の実行を可能にするいくつかの機能があります。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

Windows Phone アプリは、アプリがフォアグラウンドで実行しなくなったときでも、継続してオーディオを再生できます。これを実現するには、バックグラウンドで実行し続ける AudioPlayerAgent を作成する必要があります。詳細については、「Windows Phone 8 でバックグラウンド オーディオを再生する方法」を参照してください。

スケジュールされたタスクでは、メイン アプリが実行中でなくてもバックグラウンドでコードを実行できるエージェントを実装できます。これらのエージェントは 2 つの方法でスケジュールできます。定期的なタスクは、短時間で定期的に実行します。リソースを大量に消費するタスクは、実行時間は長くなりますが、デバイスでリソースを大量に消費する処理がフォアグラウンドの操作性を妨げない状態のときのみ実行されます。詳細については、「Windows Phone 8 のバックグラウンド エージェント」を参照してください。

バックグラウンド転送サービスによって、アプリは複数の HTTP ファイル転送要求をキューに入れることができ、アプリがフォアグラウンドで実行しなくなったときでも要求の実行を続けることができます。ファイルのダウンロードとアップロードの両方がサポートされています。詳細については、「Windows Phone 8 のバックグラウンド ファイル転送」を参照してください。

スケジュールされた通知により、フォアグラウンドにポップ アップされる定期的および 1 回限りのアラームを定義済みのスケジュールにアプリで登録できます。ユーザーの操作性は、組み込みのカレンダー アプリで実装されるアラームに似ています。ユーザーがアラームをタップすると、アプリが起動します。

Windows Phone では、ユーザーがアプリを離れると、通常、アプリは休止状態になります。この状態では、アプリはメモリ内に保持されているため、ユーザーがアプリに戻るとすぐに再開できます。高速アプリ切り替えを有効にするコードをアプリで実装する必要はありません。この機能は自動的に有効になります。ただし、休止状態のときにアプリが終了される可能性はあります。アプリのライフサイクルを通して発生するこのような状態の変化を処理するように、アプリを設計することが重要です。

メモメモ:

multiple devices高速アプリケーション切り替えは でサポートされています。低メモリ デバイス ただし、高速アプリケーション切り替えを実現するためにアプリケーションを休止状態に維持できるかどうかは、電話の使用可能なメモリ容量に依存するため、低メモリ デバイス で実行されているアプリはメモリ容量が多い電話で実行されている同じアプリより頻繁かつ短時間で終了および廃棄されます。

表示: