BrokeredMessage クラス
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

BrokeredMessage クラス

 

AppFabric ServiceBus クライアント間の通信の単位を表します。

名前空間:   Microsoft.ServiceBus.Messaging
アセンブリ:  Microsoft.ServiceBus (Microsoft.ServiceBus.dll 内)

System.Object
  Microsoft.ServiceBus.Messaging.BrokeredMessage

public sealed class BrokeredMessage : IXmlSerializable, IDisposable

名前説明
System_CAPS_pubmethodBrokeredMessage()

新しいインスタンスを初期化、 BrokeredMessage クラスです。

System_CAPS_pubmethodBrokeredMessage(Object)

新しいインスタンスを初期化、 BrokeredMessage クラスを使用して指定されたオブジェクトから DataContractSerializer とバイナリ XmlDictionaryWriterします。

System_CAPS_pubmethodBrokeredMessage(Object, XmlObjectSerializer)

新しいインスタンスを初期化、 BrokeredMessage クラスの指定を使用して、指定されたオブジェクトから XmlObjectSerializerします。

System_CAPS_pubmethodBrokeredMessage(Stream)

新しいインスタンスを初期化、 BrokeredMessage クラスです。

System_CAPS_pubmethodBrokeredMessage(Stream, Boolean)

新しいインスタンスを初期化、 BrokeredMessage クラスの本文として提供されたストリームを使用します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyContentType

取得またはコンテンツの種類を設定します。

System_CAPS_pubpropertyCorrelationId

取得または関連付けの識別子を設定します。

System_CAPS_pubpropertyDeadLetterSource

メッセージが不能し、自動転送のエンティティを取得します。

System_CAPS_pubpropertyDeliveryCount

配信の数を取得します。

System_CAPS_pubpropertyEnqueuedSequenceNumber

取得またはメッセージのエンキューされたシーケンス番号を設定します。

System_CAPS_pubpropertyEnqueuedTimeUtc

取得または送信時の日時を UTC に設定します。

System_CAPS_pubpropertyExpiresAtUtc

メッセージが期限切れに設定されている UTC の日付と時刻を取得します。

System_CAPS_pubpropertyForcePersistence

取得またはメッセージが、短い時間のメモリ内に保持されているのではなく、すぐに、データベースに永続化されるかどうかを示す値を設定します。 Express 以外のキューまたはトピックにメッセージが送信された場合、このプロパティは無視されます。

System_CAPS_pubpropertyIsBodyConsumed

メッセージが消費されているかどうかを指定します。

System_CAPS_pubpropertyLabel

取得またはアプリケーション固有のラベルを設定します。

System_CAPS_pubpropertyLockedUntilUtc

キュー/サブスクリプション内で、メッセージがロックされるまで (utc) 日付と時刻を取得します。

System_CAPS_pubpropertyLockToken

Service Bus によってこのメッセージに割り当てられたロック トークンを取得します。

System_CAPS_pubpropertyMessageId

取得またはメッセージの識別子を設定します。 これは、Service Bus は、有効になっている場合、重複するメッセージを識別するために使用できるユーザー定義の値です。

System_CAPS_pubpropertyPartitionKey

取得またはキューまたはトピックはセッションを認識しないにトランザクション メッセージを送信するためのパーティション キーを設定します。

System_CAPS_pubpropertyProperties

アプリケーション固有のメッセージ プロパティを取得します。

System_CAPS_pubpropertyReplyTo

取得またはに返信するキューのアドレスを設定します。

System_CAPS_pubpropertyReplyToSessionId

取得または設定に返信するセッション識別子。

System_CAPS_pubpropertyScheduledEnqueueTimeUtc

取得または (utc) にメッセージがキューになる日付と時刻を設定します。 このプロパティは UTC で時間を返します指定されたプロパティを設定するときに DateTime 値は、UTC でもあります。

System_CAPS_pubpropertySequenceNumber

Service Bus によってメッセージに割り当てられた一意の番号を取得します。

System_CAPS_pubpropertySessionId

取得またはセッションの識別子を設定します。

System_CAPS_pubpropertySize

メッセージのサイズをバイト単位で取得します。

System_CAPS_pubpropertyState

取得またはメッセージの状態を設定します。

System_CAPS_pubpropertyTimeToLive

取得またはメッセージの時刻を有効期限値に設定します。 これは、その後、メッセージの有効期限、サービス バスにメッセージの送信時から時間です。

も古いメッセージ、 TimeToLive 値の有効期限が切れるし、メッセージ ストアに保持されなくします。 サブスクライバーは期限切れのメッセージを受信できるされません。

TimeToLive メッセージを受信できる最長有効期間が、その値が指定されたエンティティを超えることはできません、 DefaultMessageTimeToLive 送信先キューまたはサブスクリプションの値。 小さい場合 TimeToLive 値を指定すると、個別のメッセージに適用されます。 エンティティのでのメッセージで指定された大きな値のオーバーライド、 DefaultMessageTimeToLive 値。

System_CAPS_pubpropertyTo

取得または送信をアドレスに設定します。

System_CAPS_pubpropertyViaPartitionKey

取得またはトランザクションがある場合、転送キューからメッセージを送信するために、パーティション キー値を設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAbandon()

ピーク/ロック メッセージで、ロックを破棄します。

System_CAPS_pubmethodAbandon(IDictionary<String, Object>)

ピーク/ロック メッセージで、ロックを破棄します。

System_CAPS_pubmethodAbandonAsync()

非同期的にピーク/ロック メッセージのロックを破棄します。

System_CAPS_pubmethodAbandonAsync(IDictionary<String, Object>)

非同期的にピーク/ロック メッセージのロックを破棄します。

System_CAPS_pubmethodClone()

メッセージのクローンを新しいメッセージとして送信することができるように、メッセージを複製します。

System_CAPS_pubmethodComplete()

メッセージの受信操作を完了し、処理されるときに、メッセージをマークすることを示すため、削除します。

System_CAPS_pubmethodCompleteAsync()

非同期的にメッセージの受信操作を完了し、処理されるときに、メッセージをマークすることを示すため、削除します。

System_CAPS_pubmethodDeadLetter()

メッセージを配信不能キューに移動します。

System_CAPS_pubmethodDeadLetter(IDictionary<String, Object>)

メッセージを配信不能キューに移動します。

System_CAPS_pubmethodDeadLetter(String, String)

メッセージを配信不能キューに移動します。

System_CAPS_pubmethodDeadLetterAsync()

非同期的にメッセージを配信不能キューに移動します。

System_CAPS_pubmethodDeadLetterAsync(IDictionary<String, Object>)

非同期的にメッセージを配信不能キューに移動します。

System_CAPS_pubmethodDeadLetterAsync(String, String)

非同期的にメッセージを配信不能キューに移動します。

System_CAPS_pubmethodDefer()

受信側は、このメッセージの処理の遅延が要求していることを示します。

System_CAPS_pubmethodDefer(IDictionary<String, Object>)

受信側は、このメッセージの処理の遅延が要求していることを示します。

System_CAPS_pubmethodDeferAsync()

非同期的に受信側は、このメッセージの処理の遅延が要求していることを示します。

System_CAPS_pubmethodDeferAsync(IDictionary<String, Object>)

非同期的に受信側は、このメッセージの処理の遅延が要求していることを示します。

System_CAPS_pubmethodDispose()

解放、リリース、またはアンマネージ リソースのリセットに関連付けられているアプリケーション定義のタスクを実行します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetBody<T>()

使用して、指定した型のオブジェクトに仲介型メッセージ本文をシリアル化解除、 DataContractSerializer とバイナリ XmlDictionaryReaderします。

System_CAPS_pubmethodGetBody<T>(XmlObjectSerializer)

指定されたを使用して、指定した型のオブジェクトに仲介型メッセージ本文をシリアル化解除 XmlObjectSerializerします。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodRenewLock()

メッセージのロックを更新します。

System_CAPS_pubmethodRenewLockAsync()

非同期的にメッセージのロックを更新します。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のメッセージを表す文字列を返します。(Object.ToString() をオーバーライドする。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIXmlSerializable.GetSchema()

このメソッドは予約されており、使用しない必要があります。 IXmlSerializable インターフェイスを実装するとき null (Visual Basic の場合) の場合は Nothing このメソッドの代わりに、カスタム スキーマを指定することが必要な場合、この、XmlSchemaProviderAttribute をクラスに適用します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIXmlSerializable.ReadXml(XmlReader)

XML 表現からオブジェクトを生成します。 このメソッドは、内部で使用するために予約されて、使用しないで直接または間接的に (たとえば、シリアライザーやフォーマッタを使用して)。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIXmlSerializable.WriteXml(XmlWriter)

オブジェクトを XML 表現に変換します。 このメソッドは内部使用のため予約済みであり、直接的または間接的に使用しないで (シリアライザーやフォーマッタを使用するなど)。

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft