OnBeginCreateReceiver メソッド (String, ReceiveMode, TimeSpan, AsyncCallback, Object)
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

QueueClient.OnBeginCreateReceiver メソッド (String, ReceiveMode, TimeSpan, AsyncCallback, Object)

 

受信者の作成開始アクションを実行します。

名前空間:   Microsoft.ServiceBus.Messaging
アセンブリ:  Microsoft.ServiceBus (Microsoft.ServiceBus.dll 内)

protected abstract IAsyncResult OnBeginCreateReceiver(
	string subQueueName,
	ReceiveMode receiveMode,
	TimeSpan timeout,
	AsyncCallback callback,
	object state
)

パラメーター

subQueueName
Type: System.String

サブキューの名前。

receiveMode
Type: Microsoft.ServiceBus.Messaging.ReceiveMode

メッセージ ReceiveMode 受信モード。

timeout
Type: System.TimeSpan

この操作がタイムアウトするまでの最大時間。

callback
Type: System.AsyncCallback

AsyncCallback 、操作が完了しているときに呼び出されるメソッドを参照するデリゲート。

state
Type: System.Object

受信操作に関する情報を含むユーザー定義のオブジェクト。 このオブジェクトが渡される、 M:Microsoft.ServiceBus.Messaging.QueueClient.EndCreateReceiver(System.IAsyncResult) 、操作が完了しているときに委任します。

戻り値

Type: System.IAsyncResult

IAsyncResult 非同期を参照するオブジェクト M:Microsoft.ServiceBus.Messaging.QueueClient.CreateReceiverです。

これは、保護されたメンバーの抽象 QueueClient クラスです。 抽象クラスは継承されないため、保護されたメンバーは無視する必要があります。

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft