エクスポート (0) 印刷
すべて展開

RelyingPartyKey

発行: 2011年4月

更新日: 2015年3月

適用対象: Azure

このトピックでは、Microsoft Azure Active Directory アクセス制御 (アクセス制御サービスまたは ACS) 管理サービスの RelyingPartykey エンティティのプロパティの説明と有効な値を示します。

 

プロパティ名 NULL 使用可能 説明

ID

Int64

False

証明書利用者アプリケーション キーの一意の識別子を指定します。この値は ACS によって自動的に設定されます。

RelyingPartyId

Int64

False

ACS がセキュリティ トークンを生成する証明書利用者アプリケーションの一意の ID を指定します。

DisplayName

文字列

True

証明書利用者アプリケーション キーの表示名を指定します。

使用方法

文字列

True

このプロパティに設定できるのは、いくつかの有効な値のみです。詳細については、「Usage プロパティの有効な値」を参照してください。

文字列

True

このプロパティに設定できるのは、いくつかの有効な値のみです。詳細については、「Type プロパティの有効な値」を参照してください。

Binary

True

証明書利用者アプリケーション キーの値を指定します。

パスワード

Binary

True

キーが、秘密キーを含む X.509 証明書の場合、このフィールドには秘密キーの復号化に使用するパスワードが含まれます。

IsPrimary

ブール

False

証明書利用者アプリケーション キーがプライマリかどうかを指定します。

SystemReserved

ブール

False

RelyingPartyKey エンティティが ACS によって予約されるかどうかを指定します。予約済みエンティティを削除したり、編集することはできません。

StartDate

DateTime

False

証明書利用者アプリケーション キーの開始日を指定します。

EndDate

DateTime

False

証明書利用者アプリケーション キーの終了日を指定します。

Version

Binary

True

このプロパティには、ACS によって自動的に設定されるタイム スタンプが含まれています。

次の表では、ACS 管理サービスの RelyingPartyKey エンティティの Usage プロパティで指定できるすべての値を示します。

noteメモ
すべてのプロパティ値は大文字と小文字を区別します。

 

説明

署名

証明書利用者キーがトークンの署名に使用されることを指定します。

Encrypting

証明書利用者キーが証明書利用者アプリケーションに発行されたトークンの暗号化に使用されることを指定します。

次の表では、ACS 管理サービスの RelyingPartyKey エンティティの Type プロパティで指定できるすべての値を示します。

noteメモ
すべてのプロパティ値は大文字と小文字を区別します。

 

説明

X509Certificate

証明書利用者キーが SAML トークンの署名または暗号化に使用される X.509 証明書であることを指定します。トークンの署名には秘密キーが必要ですが、トークンの暗号化に必要なのは公開キーのみであることに注意してください。

Symmetric

証明書利用者キーが SWT トークンの署名のみに使用される 256 ビット base 64 でエンコードされた対称キーであることを指定します。

関連項目

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft