このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

IdentityProviderAddress

発行: 2011年4月

更新日: 2015年6月

適用対象: Azure

このトピックでは、Microsoft Azure Active Directory アクセス制御 (アクセス制御サービスまたは ACS) 管理サービスの IdentityProviderAddress エンティティのプロパティの説明と有効な値を示します。

 

プロパティ名 NULL 使用可能 説明

ID

Int64

False

ACS によって内部的に使用される ID プロバイダー アドレスの一意の ID を指定します。この値は ACS によって自動的に設定さます。

IdentityProviderId

Int64

False

ACS によって使用される ID プロバイダーの一意の識別子を指定します。

EndpointType

文字列

True

このプロパティに設定できるのは、いくつかの有効な値のみです。詳細については、「EndpointType プロパティの有効な値」を参照してください。

住所

文字列

True

ID プロバイダー アドレスの値を指定します。

SystemReserved

ブール

False

IdentityProviderAddress エンティティが ACS によって予約されるかどうかを指定します。予約済みエンティティを削除したり、編集することはできません。

Version

Binary

True

このプロパティには、ACS によって自動的に設定されるタイム スタンプが含まれています。

次の表には、ACS 管理サービスの IdentityProviderAddress エンティティの EndpointType プロパティの有効な値がすべて示されています。

noteメモ
すべてのプロパティ値は大文字と小文字を区別します。

 

説明

SignIn

ID プロバイダー アドレスが ID プロバイダーのサインイン URL であることを指定します。この URL は、ID プロバイダーのホーム領域検出 JSON フィードで公開されます。

サインアウト

ID プロバイダー アドレスが ID プロバイダーのサインアウト URL であることを指定します。この URL は ID プロバイダーのホーム領域検出 JSON フィードで公開され、現在、WS-Federation ベースの ID プロバイダーに対してのみサポートされています。

EmailDomain

ID プロバイダー アドレスが、電子メール ベースのホーム領域検出の ID プロバイダーに関連付けられている、電子メール ドメインのサフィックス (contoso.com など) であることを指定します。この URL は、ID プロバイダーのホーム領域検出 JSON フィードで公開されます。

ImageUrl

ID プロバイダー アドレスが ID プロバイダーのイメージへの URL (https://contoso.com/contoso.png など) であることを指定します。この URL は、ID プロバイダーのホーム領域検出 JSON フィードで公開されます。

FedMetadataUrl

ID プロバイダー アドレスが ID プロバイダーの WS-Federation メタデータ ドキュメントの URL であることを指定します。これは、WS-Federation ID プロバイダーにのみ使用されます。

関連項目

表示: