この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

CompareInfo.LastIndexOf メソッド (String, Char)

 

公開日: 2016年10月

指定した文字を検索し、検索対象文字列全体内でその文字が最後に出現する位置の 0 から始まるインデックス番号を返します。

名前空間:   System.Globalization
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual int LastIndexOf(
	string source,
	char value
)

パラメーター

source
Type: System.String

検索対象の文字列。

value
Type: System.Char

内で検索する文字 sourceします。

戻り値

Type: System.Int32

最後に見つかった位置の 0 から始まるインデックス value, 場合は、見つかった内 sourceしない場合は、-1 です。

Exception Condition
ArgumentNullException

sourcenull です。

逆方向文字列の末尾から開始と終了、文字列の先頭に、ソース文字列が検索されます。

このオーバー ロードでは、カルチャに依存した検索を実行します。 文字が文字を表す Unicode 値の場合は、合字の「Æ」(と) などに見極める必要があります"AE"など、正しい順序では、そのコンポーネントの検索 (u+0041、u+0045)、カルチャによって異なります。 実行するには、序数 (カルチャに依存しない) 検索が、文字と見なされる別の一文字に相当する Unicode 値が同じ場合にのみ、型のパラメーターを持つオーバー ロードのいずれかを呼び出す必要があります CompareOptions を使用して、 Ordinal 値。 オーバー ロード String.LastIndexOf 文字を検索してカルチャに依存した検索を実行文字列を検索するもの、序数に基づく検索を実行します。

System_CAPS_noteメモ

可能であれば、メソッドを呼び出し、文字列比較の種類のパラメーターを持つ CompareOptions 期待どおりの比較の種類を指定します。 一般的な規則として、ユーザー インターフェイスに表示される文字列を比較するため (現在のカルチャを使用して) 言語のオプションを使用し、指定 CompareOptions.Ordinal または CompareOptions.OrdinalIgnoreCase セキュリティ比較します。

呼び出し時の注意:

文字セットには、言語またはカルチャに依存した並べ替えを実行するときとは見なされない文字を無視できる文字が含まします。 カルチャに依存した検索で場合 value に無視できる文字は、結果は検索したその文字を削除します。 ここで、 LastIndexOf(String, Char) メソッドは常に最後のインデックス位置 source の最後に、一致が見つかったことを示すために sourceします。 次の例では、 LastIndexOf(String, Char) メソッドを使用して、2 つの文字列にソフト ハイフン (U + 00AD) を検索します。 文字列の 1 つのみにソフト ハイフンが含まれます。 どちらの場合もはソフト ハイフンに無視できる文字であるために、メソッドは文字列の末尾で照合を見つけることを示すために文字列の最後のインデックス位置を返します。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      CompareInfo ci = CultureInfo.CurrentCulture.CompareInfo;

      string s1 = "ani\u00ADmal";
      string s2 = "animal";

      // Find the index of the last soft hyphen.
      Console.WriteLine(ci.LastIndexOf(s1, '\u00AD'));
      Console.WriteLine(ci.LastIndexOf(s2, '\u00AD'));
   }
}
// The example displays the following output:
//       6
//       5

次の例では、最初と最後に出現する文字または文字列内の部分文字列のインデックスを決定します。

using System;
using System.Globalization;

public class SamplesCompareInfo  {

   public static void Main()  {

      // Creates CompareInfo for the InvariantCulture.
      CompareInfo myComp = CultureInfo.InvariantCulture.CompareInfo;

      // Searches for the ligature Æ.
      String myStr = "Is AE or ae the same as Æ or æ?";
      Console.WriteLine();
      Console.WriteLine( "No options    : {0}", myStr );
      PrintMarker( "           AE : ", myComp.IndexOf( myStr, "AE" ), myComp.LastIndexOf( myStr, "AE" ) );
      PrintMarker( "           ae : ", myComp.IndexOf( myStr, "ae" ), myComp.LastIndexOf( myStr, "ae" ) );
      PrintMarker( "            Æ : ", myComp.IndexOf( myStr, 'Æ' ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'Æ' ) );
      PrintMarker( "            æ : ", myComp.IndexOf( myStr, 'æ' ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'æ' ) );
      Console.WriteLine( "Ordinal       : {0}", myStr );
      PrintMarker( "           AE : ", myComp.IndexOf( myStr, "AE", CompareOptions.Ordinal ), myComp.LastIndexOf( myStr, "AE", CompareOptions.Ordinal ) );
      PrintMarker( "           ae : ", myComp.IndexOf( myStr, "ae", CompareOptions.Ordinal ), myComp.LastIndexOf( myStr, "ae", CompareOptions.Ordinal ) );
      PrintMarker( "            Æ : ", myComp.IndexOf( myStr, 'Æ', CompareOptions.Ordinal ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'Æ', CompareOptions.Ordinal ) );
      PrintMarker( "            æ : ", myComp.IndexOf( myStr, 'æ', CompareOptions.Ordinal ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'æ', CompareOptions.Ordinal ) );
      Console.WriteLine( "IgnoreCase    : {0}", myStr );
      PrintMarker( "           AE : ", myComp.IndexOf( myStr, "AE", CompareOptions.IgnoreCase ), myComp.LastIndexOf( myStr, "AE", CompareOptions.IgnoreCase ) );
      PrintMarker( "           ae : ", myComp.IndexOf( myStr, "ae", CompareOptions.IgnoreCase ), myComp.LastIndexOf( myStr, "ae", CompareOptions.IgnoreCase ) );
      PrintMarker( "            Æ : ", myComp.IndexOf( myStr, 'Æ', CompareOptions.IgnoreCase ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'Æ', CompareOptions.IgnoreCase ) );
      PrintMarker( "            æ : ", myComp.IndexOf( myStr, 'æ', CompareOptions.IgnoreCase ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'æ', CompareOptions.IgnoreCase ) );

      // Searches for the combining character sequence Latin capital letter U with diaeresis or Latin small letter u with diaeresis.
      myStr = "Is \u0055\u0308 or \u0075\u0308 the same as \u00DC or \u00FC?";
      Console.WriteLine();
      Console.WriteLine( "No options    : {0}", myStr );
      PrintMarker( "           U\u0308 : ", myComp.IndexOf( myStr, "U\u0308" ), myComp.LastIndexOf( myStr, "U\u0308" ) );
      PrintMarker( "           u\u0308 : ", myComp.IndexOf( myStr, "u\u0308" ), myComp.LastIndexOf( myStr, "u\u0308" ) );
      PrintMarker( "            Ü : ", myComp.IndexOf( myStr, 'Ü' ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'Ü' ) );
      PrintMarker( "            ü : ", myComp.IndexOf( myStr, 'ü' ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'ü' ) );
      Console.WriteLine( "Ordinal       : {0}", myStr );
      PrintMarker( "           U\u0308 : ", myComp.IndexOf( myStr, "U\u0308", CompareOptions.Ordinal ), myComp.LastIndexOf( myStr, "U\u0308", CompareOptions.Ordinal ) );
      PrintMarker( "           u\u0308 : ", myComp.IndexOf( myStr, "u\u0308", CompareOptions.Ordinal ), myComp.LastIndexOf( myStr, "u\u0308", CompareOptions.Ordinal ) );
      PrintMarker( "            Ü : ", myComp.IndexOf( myStr, 'Ü', CompareOptions.Ordinal ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'Ü', CompareOptions.Ordinal ) );
      PrintMarker( "            ü : ", myComp.IndexOf( myStr, 'ü', CompareOptions.Ordinal ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'ü', CompareOptions.Ordinal ) );
      Console.WriteLine( "IgnoreCase    : {0}", myStr );
      PrintMarker( "           U\u0308 : ", myComp.IndexOf( myStr, "U\u0308", CompareOptions.IgnoreCase ), myComp.LastIndexOf( myStr, "U\u0308", CompareOptions.IgnoreCase ) );
      PrintMarker( "           u\u0308 : ", myComp.IndexOf( myStr, "u\u0308", CompareOptions.IgnoreCase ), myComp.LastIndexOf( myStr, "u\u0308", CompareOptions.IgnoreCase ) );
      PrintMarker( "            Ü : ", myComp.IndexOf( myStr, 'Ü', CompareOptions.IgnoreCase ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'Ü', CompareOptions.IgnoreCase ) );
      PrintMarker( "            ü : ", myComp.IndexOf( myStr, 'ü', CompareOptions.IgnoreCase ), myComp.LastIndexOf( myStr, 'ü', CompareOptions.IgnoreCase ) );

   }

   public static void PrintMarker( String Prefix, int First, int Last )  {

      // Determines the size of the array to create.
      int mySize;
      if ( Last > First )
         mySize = Last;
      else
         mySize = First;

      if ( mySize > -1 )  {

         // Creates an array of Char to hold the markers.
         Char[] myCharArr = new Char[mySize+1];

         // Inserts the appropriate markers.
         if ( First > -1 )
         myCharArr[First] = 'f';
         if ( Last > -1 )
            myCharArr[Last] = 'l';
         if ( First == Last )
         myCharArr[First] = 'b';

         // Displays the array of Char as a String.
         Console.WriteLine( "{0}{1}", Prefix, new String( myCharArr ) );

      }
      else
         Console.WriteLine( Prefix );

   }

}


/*
This code produces the following output.

No options    : Is AE or ae the same as Æ or æ?
           AE :    f                    l
           ae :          f                   l
            Æ :    f                    l
            æ :          f                   l
Ordinal       : Is AE or ae the same as Æ or æ?
           AE :    b
           ae :          b
            Æ :                         b
            æ :                              b
IgnoreCase    : Is AE or ae the same as Æ or æ?
           AE :    f                         l
           ae :    f                         l
            Æ :    f                         l
            æ :    f                         l

No options    : Is U" or u" the same as Ü or ü?
           U" :    f                    l
           u" :          f                   l
            Ü :    f                    l
            ü :          f                   l
Ordinal       : Is U" or u" the same as Ü or ü?
           U" :    b
           u" :          b
            Ü :                         b
            ü :                              b
IgnoreCase    : Is U" or u" the same as Ü or ü?
           U" :    f                         l
           u" :    f                         l
            Ü :    f                         l
            ü :    f                         l

*/

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: