この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ADO.NET の概要

 

ADO.NET は、SQL Server や XML などのデータ ソースや、OLE DB や ODBC 経由で公開されるデータ ソースに対する一貫性を持ったアクセス機能を実現します。 データを共有する消費者向けアプリケーションで ADO.NET を使用することで、そのようなデータ ソースへの接続や、データ ソースに格納されているデータの取得、操作、更新を実行できます。

ADO.NET は、データ操作の中からデータ アクセス機能を分離し、個別にまたは組み合わせて使用できる、独立したコンポーネントへと分解します。 ADO.NET には、データベースとの接続、コマンドの実行、および結果の取得を行うための .NET Framework データ プロバイダーが含まれます。 この結果は直接処理され、ADO.NET DataSet オブジェクトに格納されます。この結果は、ユーザーに暫定的に公開したり、複数のソースからのデータと組み合わせたり、層間で受け渡したりするために使用されます。 DataSet オブジェクトを .NET Framework データ プロバイダーに関係なく使用した場合でも、アプリケーションにとってローカルなデータや XML から提供されたデータを管理できます。

ADO.NET クラスは System.Data.dll にあり、System.Xml.dll に含まれている XML クラスに統合されています。 データベースに接続してデータを取得した後、そのデータをコンソール ウィンドウに表示するサンプル コードについては、「ADO.NET のコード例」を参照してください。

マネージ コードを作成する開発者は、ADO.NET により、ネイティブのコンポーネント オブジェクト モデル (COM) 開発者が ActiveX Data Object (ADO) によって利用できる機能と同等の機能を利用できます。 .NET アプリケーションでのデータのアクセスには、ADO ではなく ADO.NET を使用することをお勧めします。

ADO.NET は、.NET Framework におけるデータ アクセスの最も直接的な方法を提供します。 基になるストレージ モデルではなく概念モデルをアプリケーションで使用できるようにするための高度な抽象化については、「ADO.NET Entity Framework」を参照してください。

プライバシーに関する声明 : System.Data.dll、System.Data.Design.dll、System.Data.OracleClient.dll、System.Data.SqlXml.dll、System.Data.Linq.dll、System.Data.SqlServerCe.dll、System.Data.DataSetExtensions.dll の各アセンブリでは、ユーザーの個人データとそれ以外のデータが区別されません。 これらのアセンブリによって、ユーザーの個人データの収集、格納、送信が実行されることはありません。 ただし、サードパーティ製のアプリケーションでこれらのアセンブリが使用され、ユーザーの個人データの収集、格納、送信が行われる可能性はあります。

このセクションの内容

ADO.NET のアーキテクチャ

ADO.NET のアーキテクチャとコンポーネントの概要を説明します。

ADO.NET テクノロジのオプションとガイドライン

エンティティ データ プラットフォームに含まれている製品とテクノロジを説明します。

LINQ と ADO.NET

ADO.NET での統合言語クエリ (LINQ) の実装方法を説明し、関連項目へのリンクを示します。

.NET Framework データ プロバイダー

.NET Framework データ プロバイダーと、ADO.NET に同梱される .NET Framework データ プロバイダーのデザインの概要を説明します。

ADO.NET の DataSet

DataSet のデザインとコンポーネントの概要を説明します。

ADO.NET での side-by-side 実行

ADO.NET のバージョン間の相違と、その相違が side-by-side 実行とアプリケーションの互換性に及ぼす影響について説明します。

ADO.NET のコード例

ADO.NET データ プロバイダーを使用してデータを取得するコード サンプルです。

関連セクション

ADO.NET の新機能

ADO.NET の新機能について説明します。

ADO.NET アプリケーションのセキュリティ保護

ADO.NET を使用する場合の安全なコーディング方法について説明します。

ADO.NET でのデータ型のマッピング

.NET Framework データ型と .NET Framework データ プロバイダーとの間のデータ型のマッピングについて説明します。

ADO.NET でのデータの取得および変更

データ ソースへの接続、データの取得、データの変更の方法について説明します。 これには、DataReadersDataAdapters が含まれます。

表示: