Windows Phone での展開とテスト

2012/02/09

Windows Phone エミュレーターと物理 Windows Phone デバイスの両方を使用して、アプリケーションを開発しテストできます。Windows Phone エミュレーターの詳細については、「Windows Phone Emulator」を参照してください。

Windows Phone エミュレーターによって多くの開発シナリオに対応できますが、物理デバイス上でアプリケーションをテストするための機能も重要です。開発とテストの作業のために物理 Windows Phone デバイスをアプリケーションに展開する前に、いくつか必要な手順があります。このトピックでは、開発作業のために電話を準備する方法について説明します。これは開発者によるロック解除と呼ばれることもあります。

アプリケーションを Windows Phone デバイスに展開するには、次の前提条件を満たす必要があります。

  • Windows Phone デバイスが登録されている必要があります。次のセクションでは、電話の登録方法について説明します。

  • Windows Phone デバイスはホスト コンピューターに接続する必要があります。

  • Zune の要件は次のとおりです。

    • ホスト コンピューターに Zune クライアント ソフトウェアがインストールされている必要があります。Zune クライアント ソフトウェアは、ここからダウンロードしてインストールできます。

    • Zune が実行されている必要があります。Windows Phone デバイスをホスト コンピューターに接続すると、Zune は自動的に起動します。Zune が起動しない場合は、手動で Zune を起動します。

    • Zune クライアントは接続されたデバイスを認識する必要があります。

    注注:

    場合によっては、Zune ソフトウェアを実行せずにアプリケーションをテストする必要があります。詳細については、この後の「物理デバイスでメディア API をテストする」を参照してください。

電話にアプリケーションを展開してテストするには、Windows Phone を登録する必要があります。電話の登録後、電話で未署名のアプリケーションのインストール、実行、およびテストができます。詳細については、「方法: 端末を開発用に登録する」を参照してください。

Windows Phone Application Deployment Tool を使用すると、Windows Phone Marketplace にアプリケーションを送信する前に、テストのため開発者が登録したデバイスにアプリケーションを展開できます。詳細については、「方法: Windows Phone の Application Deployment Tool を使用する」を参照してください。

Windows Phone の物理デバイスでアプリケーションをテストするときには、通常 Zune ソフトウェアが実行されています。しかし、Zune ソフトウェアの実行中にメディア API を操作するアプリケーションをテストすることはできません。これは、Zune がローカル メディア データベースをロックするためです。Windows Phone Connect Tool を使用すると、Zune ソフトウェアを実行せずにデバイスへのシリアル接続または USB 接続を確立できます。詳細については、「方法: Windows Phone の Connect Tool を使用する」を参照してください。

表示: