PowerPivot からのインポート (SSAS テーブル)

 

公開日: 2016年12月

このトピックでは、SQL Server Data Tools (SSDT) の PowerPivot からのインポート プロジェクト テンプレートを使用して PowerPivot ブックからメタデータおよびデータをインポートし、新しい表形式モデル プロジェクトを作成する方法を説明します。

PowerPivot ブックからのインポートにより新しいテーブル モデル プロジェクトを作成すると、ブックの構造を定義するメタデータが使用され、SQL Server Data Tools にテーブル モデルの構造が作成および定義されます。 テーブル、列、メジャー、リレーションシップなどのオブジェクトは、PowerPivot ブックにあるとおりにテーブル モデル プロジェクトで保持および表示されます。 .xlsx ブック ファイルに対する変更は行われません。

System_CAPS_ICON_note.jpg メモ


リンク テーブルは、テーブル モデルではサポートされません。 リンク テーブルを含む PowerPivot ブックからインポートするとき、リンク テーブル データはコピー/貼り付けデータとして取り扱われ、Model.bim ファイルに保存されます。 コピー/貼り付けテーブルのプロパティを表示するとき、ソース データ プロパティは無効であり、[テーブル] メニューの [テーブルのプロパティ] ダイアログは無効です。

モデルに埋め込まれているデータに追加できる行数は 10,000 行に制限されています。 PowerPivot からモデルをインポートしたときに、"データが切り捨てられました。 貼り付けられたテーブルに含めることができるのは 10000 行までです。" というエラーが表示された場合は、SQL Server のテーブルなど、別のデータ ソースに埋め込みデータを移動することによって、PowerPivot モデルを変更する必要があります。

ワークスペース データベースが、SQL Server Data Tools (SSDT) と同じコンピューター (ローカル) の Analysis Services インスタンスにあるか、リモートの Analysis Services インスタンスにあるかにより、特に注意する点が変わります。

ワークスペース データベースが、Analysis Services のローカル インスタンスにある場合は、メタデータとデータの両方を PowerPivot ブックからインポートできます。 メタデータはブックからコピーされて、テーブル モデル プロジェクトを作成するために使用されます。 データはブックからコピーされて、プロジェクトのワークスペース データベースに保存されます (Model.bim ファイルに保存されるコピー/貼り付けデータ以外)。

ワークスペース データベースが、Analysis Services のリモート インスタンスにある場合は、PowerPivot for Excel ブックからデータをインポートできません。 ブックのメタデータはインポートできますが、インポートすると、スクリプトがリモートの Analysis Services インスタンスで実行されます。 信頼できる PowerPivot ブックからのみメタデータをインポートする必要があります。 データは、データ ソース接続に定義されたソースからインポートする必要があります。 PowerPivot ブックのコピー/貼り付けデータとリンク テーブル データは、テーブル モデル プロジェクトにコピーして貼り付ける必要があります。

PowerPivot for Excel ファイルから新しいテーブル モデル プロジェクトを作成するには

  1. SQL Server Data Tools の [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、[プロジェクト] をクリックします。

  2. [新しいプロジェクト] ダイアログ ボックスの [インストールされているテンプレート][ビジネス インテリジェンス] をクリックし、[PowerPivot からのインポート] をクリックします。

  3. [名前] でプロジェクトの名前を入力し、場所とソリューション名を指定してから [OK] をクリックします。

  4. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、インポートするモデル メタデータおよびデータを含む PowerPivot for Excel ファイルを選択し、[開く] をクリックします。

ワークスペース データベース (SSAS テーブル)
データのコピーと貼り付け (SSAS テーブル)

表示: