Web リソースを使用した Dynamics 365 データの操作

 

公開日: 2017年1月

対象: Dynamics 365 (online)、Dynamics 365 (on-premises)、Dynamics CRM 2016、Dynamics CRM Online

JavaScript Web リソースを使用して、アプリケーション内から Microsoft Dynamics 365 (オンラインおよび設置型) データにアクセスできます。JavaScript を使用してデータにアクセスするアプリケーションで使用できる 3 つの Web サービスがあります。Microsoft Dynamics 365 (オンラインおよび設置型) を使用している組織の場合、Web API をお勧めします。

Web サービス

内容

Web API

Web API は Microsoft Dynamics 365 (オンラインおよび設置型) で導入されました。 組織サービスと完全な互換性を持つ RESTful Web サービスを提供します。 Web API は HTTP 要求と応答の本文で JSON を使用します。そのため、JavaScript での使用に非常に適しています。詳細:Microsoft Dynamics 365 Web API に関する入門情報 (クライアント側 JavaScript)

組織のデータ サービス

"OData エンドポイント" または "Web リソース用 REST エンドポイント" とも呼ばれます。

組織データ サービスは Microsoft Dynamics 365 (オンラインおよび設置型) で廃止されました。 以前のバージョンに関する作業を必要としないソリューションでは、Web API を使用して Dynamics 365 データにアクセスしてください。 組織データ サービスは引き続き使用可能であり、以前のバージョン用に記述されたコードが引き続き動作するように、組織データ サービスを使用することができます。 詳細については、Microsoft Dynamics CRM 2015 SDK のトピック「Web リソースで OData エンドポイントを使用する」を参照してください。

組織のサービス

"モダン アプリ SOAP エンドポイント" および "Web リソース用 SOAP エンドポイント" とも呼ばれます。

組織サービスを使用できますが、JavaScript を使用する Web API よりも大幅に複雑です。HTTP の要求と応答は XML を使用して送信され、特定のスキーマと名前空間に従っている必要があります。 詳細については、Microsoft Dynamics CRM 2015 SDK トピック「Web リソースで最近のアプリケーションのためのモダン アプリ SOAP エンドポイントを使用する」を参照してください。

これらの各 Web サービスは、認証を実装するためにコードを含める必要なしに、Web リソース内の Microsoft Dynamics 365 アプリケーションによって提供される認証を使用できます。 アプリケーション外からの認証でこれらのエンドポイントを使用する方法については、「モバイル アプリやモダン アプリを作成する」を参照してください。

このセクションの内容

Microsoft Dynamics 365

© 2017 Microsoft. All rights reserved. 著作権

表示: