Windows Azure の VM ロールのテスト

更新日: 2011年3月

[Windows Azure の VM ロール機能は 2013 年 5 月 15 日に廃止されます。 廃止日以降、VM ロール展開環境は削除されます。 既存のアプリケーションと共に移行するには、Windows Azure 仮想マシンを使用することができます。 アプリケーションでの仮想マシンの使用方法の詳細については、「Moving from VM Role to Windows Azure Virtual Machines (VM ロールから Windows Azure 仮想マシンへの移行)」を参照してください。

現在、Windows Azure コンピューティング エミュレーターで VM ロールをテストすることはできません。開発プロセス中に VM ロールをテストする場合は、Windows Azure のステージング 配置環境にアプリケーションを配置することをお勧めします。運用配置環境で実行している VM ロール インスタンスがある場合は、Windows Azure PowerShell コマンドレットを使用して、テスト用の VM ロール インスタンスの可用性を設定できます。リモート デスクトップ接続を使用して、仮想マシンにアクセスし、オペレーティング システムでテストを実行することもできます。

Set-RoleInstanceStatus コマンドレットを使用して、VM ロール インスタンスの可用性の状態を設定できます。コマンドレットを使用して VM ロール インスタンスをビジーに設定することによって、ロード バランサーからインスタンスを削除し、テスト実行中はインスタンスをアクセスに使用できないようにします。インスタンスの状態を準備完了に設定して、ロード バランサーに追加して元に戻すことができます。Windows Azure PowerShell コマンドレットの使用方法の詳細については、Windows Azure PowerShell コマンドレット リファレンスを参照してください。

テストおよびデバッグするために、仮想マシンへのアクセスにリモート デスクトップ接続を使用できます。リモート デスクトップ接続の設定の詳細については、「ロールのリモート デスクトップ接続のセットアップの概要」を参照してください。

コミュニティの追加

表示: