エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Azure での VM ロール インスタンスのライフサイクルの管理

更新日: 2011年3月

[Windows Azure の VM ロール機能は 2013 年 5 月 15 日に廃止されます。 廃止日以降、VM ロール展開環境は削除されます。 既存のアプリケーションと共に移行するには、Windows Azure 仮想マシンを使用することができます。 アプリケーションでの仮想マシンの使用方法の詳細については、「Moving from VM Role to Windows Azure Virtual Machines (VM ロールから Windows Azure 仮想マシンへの移行)」を参照してください。

VM ロールの開発プロセスは、Windows Server 2008 R2 のイメージを作成してカスタマイズし、Windows Azure イメージ リポジトリにアップロードすることから始まります。アップロードしたサーバー イメージは、削除するまでリポジトリに保持されます。Windows Azure でクラウド サービスを配置すると、サービス構成ファイルで参照されたサーバー イメージが適用され、指定された数の VM ロール インスタンスが作成されます。各インスタンスは、イメージによって定義された Windows Server のカスタマイズされたバージョンを実行します。

VM ロール インスタンスは、イメージの名前付きインスタンスであり、常に 1 つの仮想マシンでのみ実行されます。VM ロール インスタンスを実行する仮想マシンは、時間が経つと変更される場合があります。インスタンスのイメージを再適用する場合、または一時的なエラーのために Windows Azure がイメージを再適用する場合、仮想マシンはシャットダウンされ、永続化されていないすべての状態情報は失われます。VM ロール インスタンスが再度オンラインになると、新しい仮想マシンがイメージから作成されます。サービスで状態の復元が必要な場合は、状態の永続化と復元のプロセスを手動で実行する必要があります。状態を永続化するオプションでは、Windows Azure BLOB または Windows Azure ドライブへの書き込みも行います。

note
VM ロールは、常にオペレーティング システムのイメージ ベースの配置を実行します。VM ロール インスタンスを実行している仮想マシンは一時的な環境です。つまり、仮想マシン自体が物理ホスト マシンの間を移動することはありません。

配置時のイメージは読み取り専用で、その後も読み取り専用のままです。Windows Azure がイメージに直接書き込むことはありません。イメージは読み取り専用であり、VM ロール インスタンスはオンラインになるときに Windows セットアップ データを書き込み、そのライフサイクルにわたりその他のシステム データを書き込む必要があるため、Windows Azure は書き込み可能な追加の短期 VHD を作成します。インスタンスがオフラインになったとき、書き込み可能な VHD に直接アクセスしたり、それを直接永続化したりすることはできません。VM ロール インスタンスのイメージが再適用されると、新しい VM でそのインスタンスをオンラインに戻すプロセスで新しい短期 VHD が作成されます。

次の図は、Windows Azure にイメージが配置されて適用され、VM ロール インスタンスが作成されるようすを示しています。

VMRoleDeployment

新しいイメージが配置されるたび、または VM ロール インスタンスのイメージが再適用されるたびに、Windows Azure はインスタンスの仮想マシンを作成し、オペレーティング システムが初めて起動されます。このプロセスでは、Windows セットアップが自動的に実行され、応答ファイル (c:\unattend.xml) で指定された情報から構成されます。オペレーティング システムが自動的に再起動され、セットアップ プロセスが完了します。オペレーティング システムが再起動すると、自動開始サービスが開始されます。すべての自動開始サービスが開始されると、Windows Azure は VM ロール インスタンスをロード バランサーのローテーションに含め、トラフィックの受信を開始します。

インスタンスは、何度でも再起動できます。Windows では、再起動の間ですべてのデータが保持されます。VM ロール インスタンスのイメージを再適用すると、イメージから作成し直されるため、明示的に永続化していない状態は失われます。ローカル ストレージ リソース ディレクトリに書き込まれるデータは、サーバー インスタンスのイメージの再適用時に永続化されますが、一時的なエラーにより VM ロール インスタンスを別のハードウェアに移動しなければならない場合には失われることがあります。

次の図は、VM ロール インスタンスにイメージを適用してからインスタンスにイメージを再適用するまでのライフサイクルを示しています。さらに、オペレーティング システムを最初に起動してから再起動するまでの、イメージのライフサイクル内での Windows セッションのライフサイクルも示しています。

VMRoleLifecycle

配置後のアプリケーションには、ロード バランサーで管理される 1 つの仮想 IP アドレス (VIP) が割り当てられます。ロード バランサーは、実行中のインスタンスへのトラフィックのルーティングを処理します。各インスタンスには、動的 IP アドレスが割り当てられます。クラウド サービスのその他のコンポーネントはこのアドレスにアクセスできますが、インターネット トラフィックはアクセスできません。

参照

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft