この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Azure SDK リリース ノート (November 2010)

 

このドキュメントでは、Azure SDK Version 1.3 (November 2010) のリリース ノートを示します。

Azure ゲスト OS は、サービスをクラウドで実行するためのオペレーティング システムです。 Azure にサービスを配置するときは、Azure ゲスト OS のバージョンに、サービスの開発時に使用した SDK のバージョンとの互換性があることを確認する必要があります。 詳細については、次を参照してください。 Azure ゲスト OS リリースと SDK の互換性対応表です。

ここでは、Azure SDK をインストールして使用するために必要なソフトウェアおよび構成について説明します。

  1. [Microsoft .NET Framework]

  2. インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0

  3. Azure ストレージ エミュレーターのデータベース要件

  4. 以前のバージョンの SDK からのアップグレード

System_CAPS_noteメモ

SDK をインストールする前に、実行中のバージョンの Azure コンピューティング エミュレーターおよびストレージ エミュレーター (以前の開発ファブリックおよび開発ストレージ) を終了する必要があります。

SDK には、64 ビット バージョンと 32 ビット バージョンがあります。

  • 64 ビット (x64) バージョンの SDK を使用するには、64 ビット バージョンの Windows 7、Windows Vista Service Pack 2 以降、または Windows Server 2008 SP2 以降が必要です。

  • 32 ビット (x86) バージョンの SDK を使用するには、32 ビット バージョンの Windows 7、Windows Vista Service Pack 2 以降、または Windows Server 2008 SP2 以降が必要です。

System_CAPS_noteメモ

32 ビット バージョンの SDK は、64 ビット オペレーティング システムにはインストールできません。Microsoft Windows-32-bit-On-Windows-64-bit (WOW64) で SDK を実行することはできません。

Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 をインストールして、Azure SDK の実行が必要です。 さらに、Azure SDK ようになりました .NET Framework 4.0です。 .NET Framework 4.0 をインストールする場合は、.NET Framework 3.5 SP1 もインストールする必要があります (まだコンピューターに存在しない場合)。

Windows Vista Service Pack 2 または Windows Server 2008 Service Pack 2 より前のオペレーティング システムで Azure 開発環境を実行する場合は、.NET Framework 4.0 をターゲットとする Web ロールを実行する前に、次のいずれかの対処が必要になります。

  • 次の QFE をインストールします。 http://support.microsoft.com/kb/958854です。

  • それぞれのオペレーティング システムの Service Pack 2 をインストールします。

Azure SDK 1.3 では、IIS 管理コンソールを含む IIS をインストールする必要があります。 構築するサービスの種類に応じて、有効にする必要がある IIS 7.0 コンポーネントは異なります。 以下の該当する手順に従って、オペレーティング システムに応じて必要なコンポーネントを構成します。

  1. クリックして 開始, 、 ] をポイント すべてのプログラム |プログラム |管理ツール, 、順にクリック サーバー マネージャーです。

  2. サーバー マネージャーで、[ 役割の概要, 、いることを確認 Web サーバー (IIS) が利用可能な役割の一覧に表示されます。 そうでない場合はクリックして 役割の追加 IIS をインストールします。

  3. ASP.NET アプリケーションを開発する場合は、次の手順を実行します。

    1. 役割の概要, 、クリックして Web サーバー (IIS)です。

    2. [Web サーバー (IIS) の管理] ウィンドウで、次のようにクリックします。 役割サービスの追加です。

    3. 役割サービスの追加 ダイアログ ボックスで、 アプリケーション開発, をクリックして ASP.NET, 、順にクリック [次へ] をインストールします。

  4. FastCGI を使用する場合は、次の手順を実行します。

    1. [Web サーバー (IIS) の管理] ウィンドウで、次のようにクリックします。 役割サービスの追加です。

    2. 役割サービスの追加 ダイアログ ボックスで、展開 Web サーバー |アプリケーションの開発, 、クリックして 静的 CGIです。

    3. クリックして、 [次へ] をインストールするボタンをクリックします。

  1. クリックして 開始, 、順にクリック コントロール パネルの [です。

  2. コントロール パネルの [, 、クリックして プログラムと機能です。

  3. プログラムと機能, 、クリックして [Windows の機能を切り替えますです。

  4. IIS と、IIS 管理コンソールをインストールするには、次のように選択します インターネット インフォメーション サービス

    ASP.NET アプリケーションを開発する場合は、展開の インターネット インフォメーション サービス |World Wide Web サービス |アプリケーション開発機能, 、クリックして ASP.NETです。

  5. FastCGI を使用する場合は、選択 CGIです。

  6. クリックして OK IIS と、選択した機能をインストールします。

FastCGI に必要な QFE

Windows Vista SP1 の開発環境の IIS で FastCGI を使用するには、次の QFE をインストールする必要があります。

http://support.microsoft.com/kb/967131

この QFE は、Windows 7、Windows Vista SP2、または Windows Server 2008 で実行する場合は必要ありません。

IIS7 URL 書き換えモジュール

IIS URL 書き換えモジュールを使用する場合は、そのモジュールをインストールして書き換えルールを構成する必要があります。 参照してください URL Rewrite Module の詳細。

サービスを実行する、 Microsoft Azure ストレージ エミュレーター, のいずれか、インストールする必要があります SQL Express 2005 または SQL Express 2008 または Microsoft SQL Server です。

既定では、 ストレージ エミュレーター SQL Express のインスタンスに対して実行します。 代わりに SQL Server のローカル インスタンスに対して実行するように構成、DSInit ツールを呼び出して、 /sqlInstance パラメーターでターゲット SQL Server のインスタンスの名前を渡しています。 名前付きインスタンスを参照するには、サーバーの修飾子を指定しない SQL Server インスタンスの名前 (たとえば、.\MSSQL ではなく MSSQL) を使用します。 SQL Server の名前のないインスタンスまたは既定のインスタンスを指定するには、"." を使用します。

呼び出すことができます dsInit /sqlInstance を構成するのには、いつでも、 ストレージ エミュレーター を SQL Server の別のインスタンスをポイントします。

以前のバージョンの SDK からアップグレードする場合に、次の問題が該当する可能性があります。

  1. Azure Tools for Microsoft SDK 1.3 での Visual Studio を使用するのには、Visual Studio 2010 または Visual Studio 2010 Express のエディションを実行する必要があります。

  2. Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.dll のバージョンが 1.0.0.0 から 1.1.0.0 に変更され、新機能や URL の入力のエスケープ方法に対する変更がサポートされるようになりました。 動作の変更は、ほとんどのアプリケーションに影響しません。 ただし、新しいアセンブリを使用して、アプリケーションを再テストに古いプロジェクト参照を更新する必要があります。

詳細については、Azure の新しい機能は、次を参照してください。 については、Azure での新です。

詳細については、Azure の既知の問題は、次を参照してください。 Azure クラウド サービスでの既知の問題点です。

表示: