エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Azure 統合コンポーネントのインストール

更新日: 2011年6月

[Windows Azure の VM ロール機能は 2013 年 5 月 15 日に廃止されます。 廃止日以降、VM ロール展開環境は削除されます。 既存のアプリケーションと共に移行するには、Windows Azure 仮想マシンを使用することができます。 アプリケーションでの仮想マシンの使用方法の詳細については、「Moving from VM Role to Windows Azure Virtual Machines (VM ロールから Windows Azure 仮想マシンへの移行)」を参照してください。

Windows Azure 統合コンポーネントは、Windows Azure の VM ロールのインスタンスで必要です。統合コンポーネントは、オペレーティング システムが起動するたびに開始されます。Windows Azure 統合コンポーネントをインストールする前に、ベース VHD が作成済みである必要があります。詳細については、「Windows Azure での VM ロールのベース VHD の作成」を参照してください。

Windows Azure にベース VHD をアップロードする前に、サーバー イメージに Windows Azure 統合コンポーネントをインストールする必要があります。Windows Azure 統合コンポーネントは、サーバー イメージから作成されて VM ロール インスタンスと Windows Azure 環境の間の統合を処理する各 VM ロール インスタンスで実行されます。

Windows Azure 統合コンポーネントは、VM ロール インスタンスのオペレーティング システムと Windows Azure を統合するために必要なタスクを実行します。これらのコンポーネントはロード バランサーを使用してインスタンスの状態に関する情報をやり取りします。さらに、証明書をインストールし、サービス定義の設定に基づいてローカル リソース ディレクトリを作成することにより、仮想マシンを初期化します。

次のセクションでは、Windows Azure 統合コンポーネントでサポートされる機能について説明します。

VM ロール インスタンスが初めてオンラインになったとき、そのインスタンスの作成に使用した一般化されたイメージがセットアップの特殊化フェーズで実行される必要があります。特殊化フェーズは、Windows Azure 統合コンポーネントに付属のシステム準備ツール (sysprep) によって実行されます。

特殊化フェーズを自動化するために、Windows Azure 統合コンポーネントは VM ロール インスタンスのルート ディレクトリに応答ファイルをインストールします。応答ファイルの既定の名前は c:\unattend.xml です。

応答ファイルは、オペレーティング システムを設定する特殊化フェーズで既定の一連の Windows 構成設定を指定します。既定の設定は以下のとおりです。

  • システム ロケールを EN-US に設定する。

  • システムのタイム ゾーンを UTC に設定する。この設定値は変更できません。

  • Windows Update をオフにする。

  • 管理者パスワードを設定する。

サーバー イメージを Windows Azure にアップロードすると、Administrator アカウントは無効になります。ただし、サーバー イメージの準備プロセスで一般化し、再度特殊化した場合、特殊化パスには管理者パスワードが必要になります。

Windows Azure 統合コンポーネントは、VM ロール インスタンスが Windows Azure 環境から動的な情報を収集できるように、サービス ランタイム API をイメージにインストールします。サービス ランタイム API により、構成設定の値などのサービス構成情報、インスタンス ID や、そのインスタンスが属するアップグレード ドメインなどの VM ロール インスタンス情報、クラウド サービス 配置のすべてのインスタンスのネットワーク アドレス情報などにアクセスできます。

note
サービス ランタイム API には、VM ロール インスタンスの Administrator アカウントまたは LocalSystem アカウントで実行されているコードのみがアクセスできます。

Windows Azure 統合コンポーネントは、VM ロールのサービス モデルでユーザーが定義した名前付きのローカル ストレージ リソースをすべて作成します。ローカル ストレージ リソースには、サービス ランタイム API (LocalResource) を使用して VM ロール インスタンスからアクセスすることも、c:\Resources\<resource-name> でアクセスすることもできます。

VM ロール インスタンスが開始されると、ローカル リソース ディレクトリへのアクセスは Administrator アカウントのみに限定されます。低い権限のアカウントで実行されているプロセスがローカル リソース ディレクトリにアクセスする必要がある場合は、コードでディレクトリのセキュリティ設定を変更します。

コンポーネントは、VM ロール インスタンスがオンラインのときに診断データが書き込まれるシステム ローカル ストレージ リソースも作成します。

Windows Azure 統合コンポーネントは、サービス定義で指定した証明書をすべて VM ロール インスタンスの LocalMachine ストアの場所にインストールします。証明書が既存の証明書ストア名にインストールされるように指定することも、カスタム ストア名を指定することもできます。サービス定義ファイルにおける証明書ストアの場所および名前の指定の詳細については、「Service Definition Schema」を参照してください。

note
すべての証明書は、LocalMachine ストアの場所にインストールされます。CurrentUser ストアの場所やその他のストアの場所にはインストールできません。

VM ロール インスタンスにインストールされた証明書は、まずクラウド サービスの Windows Azure 証明書ストアにアップロードする必要があります。すべての証明書は、Windows Azure 証明書ストアからインストールされる必要があります。VM ロール インスタンスに必要な証明書の詳細については、「Windows Azure の VM ロールでの証明書の使用」を参照してください。

note
アップロードされたサーバー イメージに証明書をインストールすることはお勧めしません。システム準備ツール (sysprep) は、Windows Azure に配置される前のイメージを一般化するために実行する必要がありますが、このツールにより秘密キー情報は破棄されます。

Windows Azure にアップロードするサーバー イメージに Windows Azure 統合コンポーネントをインストールするには、次の手順を実行します。

  • Hyper-V マネージャーで仮想マシンを選択し、[設定] をクリックします。

  • [ハードウェア] ペインの [IDE コントローラー 1][DVD ドライブ] をクリックします。

  • [設定] ページで %ProgramFiles%\Windows Azure SDK\<VersionNumber>\iso\ フォルダーを参照し、wavmroleic.iso ファイルを選択して [OK] をクリックします。

    VersionNumber は、Windows Azure SDK の現在のバージョンです。

  • Hyper-V マネージャーで [接続] をクリックします。

  • 仮想マシン ウィンドウで、Windows エクスプローラーを開き、DVD ドライブを選択し、[WaIntegrationComponents-x64.msi] をダブルクリックします。

  • イメージが準備され Windows Azure に配置された後のオペレーティング システムの起動時に使用した管理者パスワードを入力します。コンポーネントのインストールを完了します。コンポーネントを完全にインストールするには、仮想マシンを再起動する必要があります。

    note
    パスワードがわからなくなっても仮想マシンにアクセスできるように、パスワード リセット ディスクを作成することをお勧めします。詳細については、「管理者パスワードを作成する」を参照してください。

Windows Azure 統合コンポーネントをインストールしたら、アプリケーションをインストールし、アプリケーションに必要な構成変更を加える必要があります。詳細については、「Windows Server」を参照してください。

参照

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft