Windows Azure にアップロードするサーバー イメージの準備

更新日: 2011年3月

[Windows Azure の VM ロール機能は 2013 年 5 月 15 日に廃止されます。 廃止日以降、VM ロール展開環境は削除されます。 既存のアプリケーションと共に移行するには、Windows Azure 仮想マシンを使用することができます。 アプリケーションでの仮想マシンの使用方法の詳細については、「Moving from VM Role to Windows Azure Virtual Machines (VM ロールから Windows Azure 仮想マシンへの移行)」を参照してください。

VHD を Windows Azure に正しくアップロードするには、Sysprep コマンドを使用してサーバー イメージを一般化する必要があります。Sysprep の使い方の詳細については、「Sysprep の使用方法: 紹介」を参照してください。

このタスクを実行する前に、次のセクションのタスクが完了していることを確認する必要があります。

Windows Azure にアップロードするためのサーバー イメージを準備する処理時、反復処理の中でサーバー イメージの一般化と特殊化を何度か繰り返す場合があります。サーバー イメージから仮想マシンを作成するたびに、オペレーティング システムのセットアップ処理が実行され、そのマシンの特殊関数が実行されます。Windows Azure のイメージ リポジトリにサーバー イメージをアップロードする前に行う最後のタスクは、イメージを一般化することです。

イメージが Windows Azure に配置された後に特殊化パスが再度発生します。サーバー イメージから作成される各 VM ロール インスタンスにより、Windows セットアップが実行されます。Windows セットアップでは、Windows Azure 統合コンポーネントによってサーバー イメージのルート ディレクトリにインストールされた応答ファイルからの構成値を使用します。

次の手順を使用して、アップロードするイメージを準備できます。

  1. 管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

  2. ディレクトリを %windir%\system32\sysprep に変更し、sysprep.exe を実行します。

  3. [システム準備ツール] ダイアログ ボックスの [システム クリーンアップ アクション][システムの OOBE (Out-of-Box Experience) に入る] を選択します。

  4. [一般化する] が選択されていることを確認します。

  5. [シャットダウン オプション][シャットダウン] を選択します。

  6. [OK] をクリックします。

[コンピューターの管理] で VHD に接続し、VHD の sysprep 状態を調べることができます。

  1. [スタート][すべてのプログラム][コンピューターの管理] の順にクリックします。

  2. 左ペインで [ストレージ] を展開し、[ディスクの管理] を右クリックして、[VHD の接続] をクリックします。

  3. 調査する .vhd ファイルを参照し、[OK] をクリックします。VHD に接続して、ドライブ文字が割り当てられます。

  4. メモ帳を使用して、X:\Windows\Setup\State\State.ini を開きます (ここで、X: は接続される VHD に関連付けられているドライブ文字です)。ImageState の値は、sysprep を使用して正しく準備されているイメージの IMAGE_STATE_GENERALIZE_RESEAL_TO_OOBE にする必要があります。

  5. [コンピューターの管理] の下部中央ペインで、接続されたディスクを右クリックし、[VHD の切断] をクリックします。

サーバー イメージが一般化され、仮想マシンをシャットダウンした後、Windows Azure に .vhd ファイルをアップロードできます。詳細については、「Windows Azure での VM ロールの VHD のアップロード」を参照してください。

参照

コミュニティの追加

表示: