このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

展開テーブル メタデータ (詳細設定)

Deployment テーブルは、展開設定を格納します。このデータを取得するには、RetrieveAdvancedSettingsRequest メッセージを使用します。IsWritable が 1 に設定されている設定は、UpdateAdvancedSettingsRequest メッセージを使用して更新できます。

を次の表に示しますこのテーブルのメタデータ。 の詳細については、PowerShell でこれらの設定を編集する方法PowerShell による詳細設定の読み取りと更新

 

名前 内容 IsWritable SchemaType PrimaryKey Locator Cached Nullable Min Max Default Length

ActivityFeedFollowLimit

最大に従って、ユーザーごとの制限を指定します。

int

1

Settings

1

1

0

1

5000

1000

AggregateQueryRecordLimit

この展開に対して集計できるレコードの数の上限を指定します。

int

1

Settings

1

1

0

-1

50000

AllowCustomWorkflowActivities

ユーザー定義のワークフロー活動が有効になっているかどうかを示します。

bit

1

Settings

1

1

0

1

AsyncSelectMaxItems

非同期サーバーが組織のキューから一度に削除するアイテムの数の上限を指定します。既定では、この値は未設定になっています。

int

1

Settings

1

1

1

1

10,000

AsyncSelectParallelism

組織のデータベースは、複数組織の環境での非同期操作を照会を有効にする並列処理の最大限度を制御する設定を指定します。

int

1

Settings

1

1

0

1

16

5

AutomaticallyInstallDatabaseUpdates

更新プログラムのロールアップをインストールするとき、または新しい組織を作成またはインポートすると、データベースの更新を自動的にインストールするかどうかを示します。

bit

1

Settings

1

1

0

1

AutomaticallyReprovisionLanguagePacks

更新プログラムがインストールされているときに言語パックを自動的に再プロビジョニングするかどうかを示します。

bit

1

Settings

1

1

0

1

AutoSaveInterval

販売の更新の自動保存の間隔を秒単位で指定します。

int

1

Settings

1

1

0

1

100000

10

ExecuteMultipleMaxBatchSize

複数の操作を実行、1 つの実行要求の最大数を指定します。

int

1

Settings

1

1

0

1

1000

ExecuteMultipleMaxConnectionsPerServer

組織ごとの複数の操作を実行、同時実行の最大数を指定します。

int

1

Settings

1

1

0

-1

ExecuteMultiplePerOrgMaxConnectionsPerServer

組織の各サーバーごとに複数の操作を実行、同時実行の最大数を指定します。

int

1

Settings

1

1

0

-1

IgnoreCustomReportUploadFailures

組織の移動中にカスタム レポートのアップロード エラーを無視するかどうかを示します。

bit

1

Settings

1

1

0

0

MaintenanceJobsExpiredThresholdSeconds

時間を秒単位で指定するジョブのScalegroupMaintenanceJobsリセットされるまでに実行する期限切れにすることができます。

int

1

Settings

1

1

MaintenanceJobsDiskUsageShrinkToThreshold

ターゲット ・ ディスクの使用状況、使用コード圧縮ジョブを実行するときにヒットすることを目的と最大のサイズ、サイズの比率を指定します。この値は、0 ~ 1 の範囲です。

float

1

Settings

1

1

0

1.0

MaintenanceJobsMaxDiskUsageThreshold

ディスクの使用量は、使用サイズのディスクにトランザクション ログの圧縮の対象にヒットする必要があります最大のサイズの比率を指定します。この値は、0 ~ 1 の範囲です。

float

1

Settings

1

1

0

1.0

MaintenanceJobsMaxTLogUsageThreshold

切り捨ての対象とされる前に、トランザクション ログを拡張できる最大サイズ使用サイズの比率を指定します。この値は、0 ~ 1 の範囲です。

float

1

Settings

1

1

0

1.0

MaintenanceJobsPollIntervalInSeconds

時間を秒単位で指定しますが、 ScalegroupMaintenanceJobsテーブルをポーリングしてジョブの実行を準備するために。

1

Settings

1

1

MaintenanceJobsShrinkDOP

同時の最大数を指定します。 TLogジョブの 1 つの実行を許可する縮小SQL Server。

1

Settings

1

1

1

MaintenanceJobsTruncateDOP

同時の最大数を指定します。 TLogジョブの切り捨てを許可の 1 つを実行するにはSQL Server。

1

Settings

1

1

1

MaintenanceJobsVersion

保守ジョブの現在のバージョンを指定します。これは、必要に応じて、最初の実行経験の新しいジョブを挿入する使用されます。

1

Settings

1

1

0

MetadataQueryMaxDepthOfNestedFilters

リンクのエンティティ クエリで許可される最大数を指定します。

int

1

Settings

1

1

1

1

25

MinThreadsForThreadPool

Microsoft Dynamics CRM アプリケーションの .NET スレッド プールにおけるワーカー スレッドの最小数と IO スレッドの最小数の値を指定します。

int

1

Settings

1

1

0

6

OnsaUploaderEnabled

アップローダーの分析機能のオンライン サービスを有効または無効にするかどうかに指定します。

bit

1

Settings

1

0

0

RetrieveMultipleTimeoutInSeconds

RetrieveMultiple 操作のコマンド タイムアウトを秒単位で指定します。

int

1

Settings

1

1

0

120

RunAsyncServiceInSafeMode

非同期処理をセーフ モードで実行するかどうかを指定します。

bit

1

Settings

1

1

0

SetMaxBufferPoolSize

設定するかどうかを決定、 MaxBufferPoolSizeの SDK のエンドポイントのバインド。

1

Settings

1

1

0

1

関連項目

Microsoft Dynamics CRM 2011 および Microsoft Dynamics CRM Online
このトピックについて Microsoft にコメントを送信する
© 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved.

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft