SDK アセンブリを使用してクエリでデータを取得する

 

公開日: 2017年1月

対象: Dynamics 365 (online)、Dynamics 365 (on-premises)、Dynamics CRM 2016、Dynamics CRM Online

Microsoft Dynamics 365 (オンラインおよび設置型) では、さまざまな方法でクエリを作成できます。 事前バインドと遅延バインドでは .NET 統合言語クエリ (LINQ) を使用できます。FetchXML、商標で守られた Microsoft Dynamics 365 クエリ言語を使用してクエリを記述でき、QueryExpression および QueryExpression クラスを使用してクエリを作成できます。

次の表に、各クエリ スタイルの基本的な機能を一覧表示します。

クエリ スタイル

機能

FetchXML

QueryExpression のすべての機能に加え、集計とグループ化をサポートします。 クエリは XML ステートメントとして構築されます。

QueryExpression

クエリはオブジェクト モデルとして構築されます。 集計とグループ化を除く FetchXML のすべての機能をサポートします。

LINQ

クエリは標準言語を使用して構築されますが、内部的には QueryExpression を使用するので、QueryExpression の機能に限定されます。

FetchXML を使用して、返されるすべてのレコードの値の合計などの集計を返すクエリを作成します。FetchXML で "グループ化" 操作も実行できます。

.NET 統合言語クエリ (LINQ) では標準的なクエリ パターンを使用します。OrganizationServiceContext クラスには、LINQ クエリ プロバイダーが格納され、複数の関連付けを効率よく作成できます。

以下のメッセージは、クエリの操作時に FetchXml および QueryExpression の間で変換を行うときに役立ちます。FetchXmlToQueryExpressionRequest および QueryExpressionToFetchXmlRequest

Microsoft Dynamics 365

© 2017 Microsoft. All rights reserved. 著作権

コミュニティの追加

追加
表示: