FetchXML を使用したクエリの構築

 

公開日: 2017年1月

対象: Dynamics 365 (online)、Dynamics 365 (on-premises)、Dynamics CRM 2016、Dynamics CRM Online

FetchXML は、Microsoft Dynamics 365 (オンラインおよび設置型) で使用されている独自のクエリ言語です。 これは言語の機能を記述するスキーマを基に作成されています。FetchXML 言語では、クエリ式と同様のクエリ機能がサポートされています。 さらに、クエリのシリアル化されたフォームとして使用、userquery エンティティ内のユーザー所有の保存されたビューとして、および savedquery エンティティ内の組織所有の保存されたビューとして、クエリを保存する際に使用されます。

FetchXML クエリを実行するには、IOrganizationService.RetrieveMultiple メソッドを使用します。FetchXML クエリは FetchXmlToQueryExpressionRequest メッセージを使用してクエリ式に変換することができます。

LINQPad を使用して FetchXML を操作する方法については、ブログ投稿の「Getting FetchXML from LINQPad (LINQPad からの FetchXML の使用)」を参照してください。

SQL スクリプトを FetchXML に変換するために使用できるユーティリティに関する詳細は、SQL2FetchXML のヘルプを参照してください。

Microsoft Dynamics 365

© 2017 Microsoft. All rights reserved. 著作権

コミュニティの追加

追加
表示: