Marketplace アプリケーションでの認証

更新日: 2014年2月

 

DataMarket ロゴ

Marketplace のデータセットへのアクセスでは、無料または有料にかかわらず、アクセスを許可する前に必ずユーザーを認証する必要があります。アプリケーションを作成する際には、必ずコードに認証プロセスを含める必要があります。Marketplace では、次の 2 つの手段を利用してアクセスを認証することができます。

  • HTTP 基本認証

  • OAuth 認証

どちらを使用するかは、アプリケーションの用途に依存します。

 

リンク 説明

認証プロトコルの選択

プログラムのニーズに最適な Marketplace でサポートされる認証プロトコルを特定します。

Marketplace アプリケーションでの OAuth の実装

OAuth により、アプリケーションを多数のユーザーに販売して使用してもらい、それぞれの使用状況に応じた支払いを受けることができます。

Marketplace アプリでの HTTP 基本認証の実装

HTTP 基本認証は、特定のアプリケーション条件でのみ使用します。この記事では、HTTP 基本認証に適した用途とアプリケーションでの HTTP 基本認証の実装方法について説明します。

HTTP 基本認証は、https を介して Marketplace にユーザー ID とパスワードを渡します。HTTP 基本認証は、次の場合にのみ使用します。

  • アプリケーション内でアカウント キーをハードコーディング (したがって潜在的に公開) しても安全性が維持され、かつ

  • Marketplace のデータセットへのすべてのアクセスが自分のアカウントに課金されることを許容でき、かつ

  • 他のユーザーのアクセスに影響を及ぼすことなく一部のユーザーのアクセスを解除する必要がない場合、または

  • ユーザーがデータセットにアクセスするかどうかにかかわらず、各ユーザーに各自の専用 ID と Marketplace のプライベート アカウント キー (KufDkfLk39-xMwqFGCvDFq3-6rXcvGF+Wxc73z1hhJ など) の入力を求める場合。

表示: