方法:Yahoo! を ID プロバイダーとして構成する
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

方法:Yahoo! を ID プロバイダーとして構成する

発行: 2011年4月

更新日: 2015年6月

適用対象: Azure

  • Microsoft Azure Active Directory アクセス制御 (アクセス制御サービスまたは ACS)

このトピックでは、ACS を使用して Yahoo! を ID プロバイダーとして構成する方法を示します。ASP.NET Web アプリケーションの ID プロバイダーとして Yahoo! を構成すると、ユーザーは自分の Yahoo! アカウントにログオンすることで、ASP.NET Web アプリケーションに対して認証できるようになります。

  • 目標

  • 概要

  • 手順の概要

  • 手順 1 – Azure 名前空間を作成する

  • 手順 2 – ID プロバイダーとして Yahoo! を構成する

  • Microsoft Azure プロジェクトおよび名前空間を作成する。

  • ID プロバイダーとして Yahoo! で使用する名前空間を構成する。

  • 信頼およびトークンの変換ルールを構成する。

  • エンドポイント参照、サービスの一覧、およびメタデータ エンドポイントに精通する。

Yahoo! を ID プロバイダーとして構成すると、認証および ID 管理メカニズムを作成および管理する必要がなくなります。使い慣れた認証手順があると、エンド ユーザー エクスペリエンスが向上します。ACS を使用すると、アプリケーションが容易に使用し、この機能をエンド ユーザーに提供できるようにする構成を簡単に設定できます。このトピックでは、このタスクを完了する方法について説明します。次の図は、ACS を使用した証明書利用者の全体的な構成の流れを示しています。

ACS v2 のワークフロー

Yahoo! をアプリケーションの ID プロバイダーとして構成するには、次の手順を完了します。

  • 手順 1 – Azure 名前空間を作成する

  • 手順 2 – ID プロバイダーとして Yahoo! を構成する

  1. Microsoft Azure 管理ポータル (https://manage.WindowsAzure.com) に移動してサインインし、[Active Directory] をクリックします。(トラブルシューティングのヒント:"Active Directory" 項目が見つからないか、使用できません)

  2. アクセス制御名前空間を作成するには、[新規] をクリックして [App サービス] をクリックし、[アクセス制御] をクリックしてから [簡易作成] をクリックします。または、[アクセス制御名前空間][新規] を順にクリックします。

Microsoft Azure 管理ポータルでの ACS 管理タスクの詳細については、[Active Directory] をクリックし、[ヘルプ (?)] をクリックしてご覧ください。または、[Active Directory][アクセス制御名前空間][ヘルプ] を順にクリックします。

このトピックでは、Yahoo! を ID プロバイダーとして構成する方法を示します。

  1. Microsoft Azure 管理ポータル (https://manage.WindowsAzure.com) に移動してサインインし、[Active Directory] をクリックします。(トラブルシューティングのヒント:"Active Directory" 項目が見つからないか、使用できません)

  2. アクセス制御名前空間を管理するには、名前空間をクリックしてしてから [管理] をクリックします。または、[アクセス制御名前空間] をクリックして名前空間を選択し、[管理] をクリックします。

  3. ACS ポータルで、[ID プロバイダー] をクリックしてから、[追加] をクリックします。

  4. [Yahoo!] を選択します。

  5. [Yahoo!ID プロバイダーの追加] ページで、次の値を指定します。

    • [ログイン リンク テキスト]:任意のテキスト。

    • イメージの URL:省略可能。ログイン ボタンとして表示する画像へのリンクを指定します。

    • [証明書利用者アプリケーション]:Yahoo! を ID プロバイダーとして使用する証明書利用者アプリケーションを選択します。

  6. [保存] をクリックします。

関連項目

表示:
© 2016 Microsoft