エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化

方法:ACS 管理サービスを使用して OpenID ID プロバイダーを構成する

発行: 2011年4月

更新日: 2015年3月

適用対象: Azure

  • Microsoft® Azure™ Access Control Service (ACS)

  • OpenID 2.0

このトピックでは、OpenID プロトコルをサポートする ID プロバイダーを追加するために必要な基本手順の概要を示します。OpenID ID プロバイダーは、管理サービスを使用して ACS に追加することができます。ACS 管理ポータルを使用して OpenID ID プロバイダーを追加することはできません。このトピックでは OpenID 2.0 仕様を参照します。これが ACS でサポートされる仕様バージョンであるためです。

  • 目標

  • 概要

  • 手順の概要

  • 手順 1 – 構成情報を収集する

  • 手順 2 – 必要なサービスとアセンブリへの参照を追加する

  • 手順 3 – 管理サービス クライアントを実装する

  • 手順 4 – ID プロバイダーを追加する

  • 必要な前提条件と構成情報を特定します。

  • OpenID ID プロバイダーを追加するために必要な手順を一覧表示する。

管理サービスは、ACS の主なコンポーネントの 1 つである Web サービスです。管理サービスは、管理ポータル ユーザー インターフェイスを介して使用できる機能を公開します。管理ポータルで実行できる操作は管理サービスを使用して実行することもできます。ACS に OpenID ID プロバイダーを追加すると、インターネット規模��� ID 管理メカニズムの開発および維持を軽減できます。OpenID ID プロバイダーを追加するタスクを実行するには、特定の手順に従うコードを記述します。このトピックでは、これらの基本手順の概要を示します。

  • 手順 1 – 構成情報を収集する

  • 手順 2 – 必要なサービスとアセンブリへの参照を追加する

  • 手順 3 – 管理サービス クライアントを実装する

  • 手順 4 – ID プロバイダーを追加する

この手順では、必要な構成情報を特定して収集する方法を示します。次の情報を収集する必要があります。

  • 管理サービス ID ユーザー名ManagementClient

  • 管理サービス ID パスワード — 管理サービスのサービス ID パスワードを取得するには:

    1. アクセス制御サービスの管理ポータルにログオンします。

    2. [管理] セクションで、[管理サービス] リンクをクリックします。

    3. [管理サービス] ページで、[ManagementClient] リンク (ManagementClient はサービスの実際のユーザー名です) をクリックします。

    4. [資格情報] セクションで、[対称キー] または [パスワード] リンクをクリックします。どちらも値は同じです。これはパスワードです。

  • サービスの名前空間

  • ACS ホスト名 — 通常は accesscontrol.windows.net です。

必要な情報を収集したら、以下の手順に従って、OpenID ID プロバイダーを追加するためのコードを実行するサンプルのコンソール アプリケーションを作成します。

  1. Visual Studio® 2010 を開き、新しいコンソール アプリケーション プロジェクトを作成します。

  2. Program クラスで、次のようなコードを使用して、以前に収集した情報をモジュール スコープ変数に割り当てます。


        static string serviceIdentityUsernameForManagement = "ManagementClient";
        static string serviceIdentityPasswordForManagement = "...update to your password...";

        static string serviceNamespace = "...update to your namespace...";
        static string acsHostName = "accesscontrol.windows.net";
        static string acsManagementServicesRelativeUrl = "v2/mgmt/service/";

        static string identityProviderName = "My Open ID Identity Provider";

        static string cachedSwtToken;


この手順では、サービスとアセンブリに必要な依存関係を特定し、追加します。

  1. System.Web.Extensions への参照を追加します。

  2. 管理サービスへのサービス参照を追加します。管理サービスの URL は名前空間に対して一意であり、次のような形式です。

    https://YOURNAMESPACE.accesscontrol.windows.net/v2/mgmt/service

  3. 次の宣言を追加します。

    using System.Web; 
    using System.Net; 
    using System.Data.Services.Client; 
    using System.Collections.Specialized; 
    using System.Web.Script.Serialization;
    using System.Globalization;
    using System.Runtime.Serialization.Json;
    using ConsoleApplication1.ServiceReference1;
    
    

最後の宣言 ConsoleApplication1.ServiceReference1 に注意してください。コンソール アプリケーションの作成時または管理サービスへの参照の追加時に既定値を変更した場合は、これが異なることがあります。

この手順では、管理サービス クライアントの実装をカプセル化するメソッドを作成します。

  1. 次のメソッドを Program クラスに追加します。

    public static ManagementService CreateManagementServiceClient()
            {
                string managementServiceEndpoint = String.Format(CultureInfo.InvariantCulture, "https://{0}.{1}/{2}",
                    serviceNamespace,
                    acsHostName,
                    acsManagementServicesRelativeUrl);
                ManagementService managementService = new ManagementService(new Uri(managementServiceEndpoint));
    
                managementService.SendingRequest += GetTokenWithWritePermission;
    
                return managementService;
            }
    
    
    
  2. GetTokenWithWritePermission メソッドとそのヘルパー メソッドを実装します。これにより、SWT OAuth トークンが HTTP 要求の承認ヘッダーに追加されます。

    public static void GetTokenWithWritePermission(object sender, SendingRequestEventArgs args)
            {
                GetTokenWithWritePermission((HttpWebRequest)args.Request);
            }
    
            public static void GetTokenWithWritePermission(HttpWebRequest args)
            {
                if (cachedSwtToken == null)
                {
                    cachedSwtToken = GetTokenFromACS();
                }
    
                args.Headers.Add(HttpRequestHeader.Authorization, "Bearer " + cachedSwtToken);
            }
    
            private static string GetTokenFromACS()
            {
                //
                // Request a token from ACS
                //
                WebClient client = new WebClient();
                client.BaseAddress = string.Format(CultureInfo.CurrentCulture, 
                                                   "https://{0}.{1}", 
                                                   serviceNamespace, 
                                                   acsHostName);
    
                NameValueCollection values = new NameValueCollection();
                values.Add("grant_type", "client_credentials");
                values.Add("client_id", serviceIdentityUsernameForManagement);
                values.Add("client_secret", serviceIdentityPasswordForManagement);
                values.Add("scope", client.BaseAddress + acsManagementServicesRelativeUrl);
    
                byte[] responseBytes = client.UploadValues("/v2/OAuth2-13", "POST", values);
    
                string response = Encoding.UTF8.GetString(responseBytes);
    
                // Parse the JSON response and return the access token 
                JavaScriptSerializer serializer = new JavaScriptSerializer();
    
                Dictionary<string, object> decodedDictionary = serializer.DeserializeObject(response) as Dictionary<string, object>;
    
                return decodedDictionary["access_token"] as string;
    
            }
    
    
    

この手順では、前に作成した管理サービス クライアントを使用して、OpenID ID プロバイダーを追加します。

  1. Main メソッド内の管理サービス クライアントを初期化します。

    ManagementService svc = CreateManagementServiceClient();
    
    
  2. ID プロバイダーを発行者として追加します。

                Issuer issuer = new Issuer
                {
                    Name = identityProviderName
                };
                svc.AddToIssuers(issuer);
                svc.SaveChanges(SaveChangesOptions.Batch);
    
    
    
  3. ID プロバイダーを作成します。

                var openId = new IdentityProvider
                {
                    DisplayName = identityProviderName,
                    Description = identityProviderName,
                    WebSSOProtocolType = "OpenId",
                    IssuerId = issuer.Id
                };
    
                svc.AddObject("IdentityProviders", openId);
    
    
    
  4. ID プロバイダーのサインイン アドレスを更新します。この練習では、サインイン アドレスとして www.myopenid.com を使用します。他の OpenID ID プロバイダーには Google や Yahoo! が含まれ、独自のサインイン アドレスを持っています。アドレスはそれぞれ https://www.google.com/accounts/o8/ud および https://open.login.yahooapis.com/openid/op/auth となります。

                var openIdAddress = new IdentityProviderAddress
                {
                    Address = "https://www.myopenid.com/server",
                    EndpointType = "SignIn"
                };
    
                svc.AddRelatedObject(openId, "IdentityProviderAddresses", openIdAddress);
                svc.SaveChanges();
    
    
    
  5. 管理サービスを除く証明書利用者が ID プロバイダーが使用できるようにします。

                foreach (RelyingParty rp in svc.RelyingParties)
                {
                    // skip the built-in management RP. 
                    if (rp.Name != "AccessControlManagement")
                    {
                        svc.AddToRelyingPartyIdentityProviders(new RelyingPartyIdentityProvider()
                        {
                            IdentityProviderId = openId.Id,
                            RelyingPartyId = rp.Id
                        });
                    }
                }
    
                svc.SaveChanges(SaveChangesOptions.Batch);
    
    
    

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft