このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

ACS の前提条件

発行: 2011年4月

更新日: 2015年6月

適用対象: Azure

Microsoft Azure Active Directory アクセス制御 (アクセス制御サービスまたは ACS) を使用する前に、次の前提条件を完了してください。

ACS を使用するには、プロジェクトを作成し、それに 1 つまたは複数の名前空間を追加する必要があります。Microsoft Azure 管理ポータル (https://manage.WindowsAzure.com) に移動してサインインし、[Active Directory] をクリックします。(トラブルシューティングのヒント:"Active Directory" 項目が見つからないか、使用できません) アクセス制御名前空間を作成するには、[新規] をクリックして [App サービス] をクリックし、[アクセス制御] をクリックしてから [簡易作成] をクリックします。または、[アクセス制御名前空間][新規] を順にクリックします。 Microsoft Azure 管理ポータルでの ACS 管理タスクの詳細については、[Active Directory] をクリックし、[ヘルプ (?)] をクリックしてご覧ください。または、[Active Directory][アクセス制御名前空間][ヘルプ] を順にクリックします。

ACS は、.NET、PHP、Python、Java、Ruby などの最近の Web プラットフォームと互換性があります。ACS は、HTTPS 操作を実行可能なほぼすべてのオペレーティング システムまたはプラットフォームで動作するアプリケーションからアクセスできます。

次のプログラムがコンピューターにインストールされ、正常に機能していることを確認します。

  1. Visual Studio® 2010 (任意のエディション)。Visual Studio の詳細については、「Microsoft Visual Studio」を参照してください。

  2. .NET Framework 4 または Microsoft サポート技術情報の記事 976126 または 976127 の更新プログラムを適用した .NET Framework 3.5 SP1

  3. Windows Identity Foundation ランタイム。詳細については、「Windows Identity Foundation の説明」を参照してください。

  4. Windows Identity Foundation SDK。詳細については、「Windows Identity Foundation SDK」を参照してください。

関連項目

概念

ACS の概要

表示: