このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

方法:ASP.NET Web アプリケーションでログイン ページをホストする

発行: 2011年4月

更新日: 2015年6月

適用対象: Azure

  • Microsoft® Azure™ Access Control Service (ACS)

  • ASP.NET

このトピックでは、ASP.NET アプリケーションでのログイン ページのホスト方法について説明します。この方法を使用すると、ログイン ページのレイアウトや外観に関して完全にカスタマイズできます。カスタム ログイン ページから ACS への通信は、ACS が公開する JSON フィードで実行されます。

フェデレーション ログイン ページの外観、動作および場所を完全に制御できるように、ACS は、ID プロバイダーの名前、ログイン URL、イメージ、および電子メール ドメイン名 (AD FS のみ) を提供する JSON でエンコードされたメタデータを提供します。このフィードを「ホーム領域検出メタデータ フィード」と呼びます。ACS は、ホーム領域検出メタデータ フィードとの通信に必要なコードを含むカスタム ログイン ページの例を提供します。このページをダウンロードして、完全にカスタマイズすることができます。

  • 目標

  • 概要

  • 手順の概要

  • 手順 1 – カスタム ログイン ページの例をダウンロードする

  • 手順 2 – カスタム ログイン ページの外観をカスタマイズする

  • 手順 3 – ASP.NET Web アプリケーションでカスタム ログイン ページを統合する

  • ACS 管理ポータルのログイン ページについてよく理解する。

  • 各目標が特定のタスクとして表されていることを確認する。

  • ASP.NET Web アプリケーションでログイン ページをホストして、一貫した外観を提供する。

  • 手順 1 – カスタム ログイン ページの例をダウンロードする

  • 手順 2 – カスタム ログイン ページの外観をカスタマイズする

  • 手順 3 – ASP.NET Web アプリケーションでカスタム ログイン ページを統合する

この手順では、カスタム ログイン ページの例をダウンロードする方法を示します。カスタム ログイン ページの例を使用し、ニーズに合わせてカスタマイズしてから、ASP.NET アプリケーションでホストします。

  1. Windows Live® ID を使用して認証されていない場合は、認証される必要があります。

  2. Windows Live ID (Microsoft アカウント) で認証されると、Azure ポータルの [マイ プロジェクト] ページにリダイレクトされます。

  3. [マイ プロジェクト] ページで必要なプロジェクト名をクリックします。

  4. プロジェクトの詳細ページで、必要な名前空間を見つけてから、[管理] 列の [アクセス制御] リンクをクリックします。

  5. [アクセス制御設定] ページで [アクセス制御の管理] をクリックします。

  6. [開発] セクションまでスクロール ダウンしてから、[アプリケーションの統合] リンクをクリックします。

  7. [ログイン ページ] セクションで、[ログイン ページ] リンクをクリックします。

  8. [ログイン ページの統合] ページで、[証明書利用者アプリケーション] 列の必要な証明書利用者アプリケーションをクリックします。

  9. [ログイン ページの統合:<<ご使用の証明書利用者>>] ページで、[オプション2:ログイン ページをアプリケーションの一部としてホストする] セクションを見つけ、[ログイン ページ例のダウンロード] ボタンをクリックします。任意の場所にページを保存します。これは、カスタマイズに使用するページです。ページの名前は通常、<<YourRealm>>LoginPageCode.html です。

この手順では、前のページでダウンロードしたカスタム ログイン ページ例をカスタマイズします。

  1. 任意の HTML エディターを使用します。メモ帳のように単純なものや、Visual Studio® 2010 HTML エディターのように堅牢なものを使用できます。

  2. ニーズに合わせて、カスタム ログイン ページの外観を設計します。

この手順では、新しく設計したカスタム ログイン ページを ASP.NET Web アプリケーションと統合します。

  1. 新しく設計したカスタム ログイン ページを、ASP.NET Web アプリケーションの公開された場所 (通常はルート フォルダー) にコピーします。

  2. パブリック ページ (通常は Default.aspx) でカスタム ログイン ページへの URL を公開します。認証されていないユーザーはそれをクリックして認証を行います。

表示: