エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Azure Cache の開発

更新日: 2014年9月

noteメモ
アプリケーションに対して適切な Azure Cache サービスを選択するためのガイダンスについては、「どの Azure Cache を利用すればよいですか。」を参照してください。

Microsoft Azure Cache は、キャッシュのアイテムの追加、更新、および削除を行う API を用意しています。Microsoft.ApplicationServer.Caching 名前空間のクラスとメソッドを使用すると、Azure キャッシュを直接操作することができます。対照的に、ASP.NET のプロバイダーのいずれかを使用するときは、Azure キャッシュを間接的に使用することになります。このセクションのトピックでは、キャッシュ をプログラムで直接使用する方法について説明します。キャッシュ 用の ASP.NET プロバイダーの詳細については、「Azure Cache 用の ASP.NET 4 キャッシュ プロバイダー」を参照してください。

キャッシュ のプログラミング モデルは、キャッシュ アサイド プログラミング パターンに合わせて設計されています。データがキャッシュにない場合、分散キャッシュではなくアプリケーションが元のデータ ソースからキャッシュにデータを再度読み込む必要があります。

キャッシュされたデータが使用できない場合でもアプリケーションが動作を継続できるように、キャッシュに依存せずにアプリケーション コードが動作するように設計します。キャッシュ内のデータは永続的には保持されないので、キャッシュ内のデータが使用不可能になっていることも考えられます。たとえば、該当するデータを保持するサーバーが再起動された場合は、メモリ内のキャッシュされたアイテムは失われます。キャッシュ内に存在しないアイテムを要求することをキャッシュ ミスと呼びます。

インロール キャッシュ の高可用性機能を使用する場合と、キャッシュされたアイテムのバックアップ コピーを作成しておくと、実行中のキャッシュ クラスターでコンピューターやプロセスの障害が発生したときの保護に役立ちます。ただし、すべてのコンピューターが再起動された場合、高可用性を有効にしているときでも、結果的に持続性は失われます。永続性を必要とする項目は、データベースまたはその他の永続的なストレージ手法を使用する必要があります。キャッシュは、パフォーマンスとスケーラビリティを向上させるメカニズムなのです。

他にもさまざまな理由で、キャッシュ ミスが発生する可能性があります。たとえば、通常の有効期限ポリシーや削除ポリシーに基づき、キャッシュ項目の有効期限が切れたり、キャッシュ項目が削除されたりします。理由に関係なく、アプリケーション コードは元のデータ ソースにアクセスしてアイテムをキャッシュしなおすことができる必要があります。

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft