この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.DirectoryServices 名前空間

System.DirectoryServices 名前空間には、マネージ コードから Active Directory にアクセスするための型が含まれます。

名前空間 説明
System.DirectoryServices System.DirectoryServices 名前空間は、マネージ コードから Active Directory ドメイン サービス (AD DS) への簡単なアクセスを提供します。 この名前空間には、ADSI (Active Directory Services Interfaces) 技術を使用する 2 つのコンポーネント クラス DirectoryEntry および DirectorySearcher があります。 ADSI は、さまざまなネットワーク プロバイダーを利用するための柔軟なツールとして Microsoft から提供される一連のインターフェイスです。 ADSI を使用すると、ネットワークの規模にかかわらず、管理者は、比較的簡単にネットワーク上のリソースを検索および管理できます。
System.DirectoryServices.AccountManagement System.DirectoryServices.AccountManagement 名前空間は、複数のプリンシパル ストア内のユーザー、コンピューター、およびグループ セキュリティのプリンシパルに同じ方法でアクセスし、これらのプリンシパルを操作する手段を提供します。これらのストアには、AD DS (Active Directory ドメイン サービス)、AD LDS (Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス)、および MSAM (Machine SAM) があります。 System.DirectoryServices.AccountManagement は、System.DirectoryServices 名前空間とは独立してディレクトリ オブジェクトを管理します。
System.DirectoryServices.ActiveDirectory System.DirectoryServices.ActiveDirectory 名前空間は、Microsoft Active Directory サービス タスクを想定して設計された、高レベルの抽象化オブジェクト モデルを提供しています。 フォレスト、ドメイン、サイト、サブネット、パーティション、スキーマなど、Active Directory サービスの概念も、このオブジェクト モデルの一部として組み込まれています。
System.DirectoryServices.Protocols System.DirectoryServices.Protocols 名前空間は、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) Version 3 (V3) 標準およびディレクトリ サービス マークアップ言語 (DSML) Version 2.0 (V2) 標準で定義されているメソッドを提供します。
表示: