この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Xml 名前空間

System.Xml 名前空間には、XML を処理するための型が含まれます。子名前空間では、XML ドキュメントまたはストリームのシリアル化、XSD スキーマ、XQuery 1.0 と XPath 2.0、および LINQ to XML (XML ドキュメントを簡単に変更できるようにする、メモリ内 XML プログラミング インターフェイス) をサポートします。

名前空間 説明
System.Xml System.Xml 名前空間は、XML を処理するための標準ベースのサポートを提供します。
System.Xml.Linq LINQ to XML のクラスが含まれています。 LINQ to XML は、XML ドキュメントを簡単かつ効率的に変更できるようにする、メモリ内 XML プログラミング インターフェイスです。
System.Xml.Resolvers System.Xml.Resolvers 名前空間は、DTD ストリームまたは XML ストリームへのキャッシュの事前設定をサポートします。
System.Xml.Schema System.Xml.Schema 名前空間には、XML スキーマ定義言語 (XSD) スキーマに対し標準ベースのサポートを提供する XML クラスが含まれています。
System.Xml.Serialization System.Xml.Serialization 名前空間には、オブジェクトを XML 形式のドキュメントまたはストリームにシリアル化するために使用されるクラスが含まれています。
System.Xml.Serialization.Advanced System.Xml.Serialization.Advanced 名前空間には、Web サービス記述言語 (WSDL: Web Services Description Language) ドキュメントから生成されたコードをカスタマイズできるようにするクラスが含まれています。
System.Xml.Serialization.Configuration System.Xml.Serialization.Configuration 名前空間には、アプリケーション構成ファイルの system.xml.serialization セクション内の値を読み取るために使用されるクラスが含まれています。
System.Xml.XmlConfiguration XML 構成のセクションが含まれる System.Xml.XmlConfiguration 名前空間。
System.Xml.XPath System.Xml.XPath 名前空間には、XQuery 1.0 および XPath 2.0 データ モデルのインスタンスとして XML 情報項目間を移動したりこれを編集するためのカーソル モデルを定義するクラスが含まれています。
System.Xml.Xsl System.Xml.Xsl 名前空間は、XSLT (Extensible Stylesheet Transformation) 変換のサポートを提供します。 この名前空間では、W3C 勧告『XSL Transformations (XSLT) Version 1.0』 (www.w3.org/TR/xslt) がサポートされます。
System.Xml.Xsl.Runtime XSL 変換エンジンによって使用される型が含まれています。
表示: