この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Collections 名前空間

System.Collections 名前空間には、さまざまな標準、特殊、およびジェネリックなコレクション オブジェクトを定義する型が含まれます。

名前空間 説明
System.Collections System.Collections 名前空間は、リスト、キュー、ビット配列、ハッシュ テーブル、ディクショナリなどのオブジェクトのさまざまなコレクションを定義するインターフェイスとクラスを格納します。
System.Collections.Concurrent System.Collections.Concurrent 名前空間には、スレッド セーフなコレクション クラスがいくつか用意されています。複数のスレッドがコレクションに同時にアクセスするときに、これらのコレクション クラスを System.Collections 名前空間および System.Collections.Generic 名前空間の対応する型の代わりに使用する必要があります。
System.Collections.Generic System.Collections.Generic 名前空間には、ジェネリック コレクションを定義するインターフェイスとクラスが含まれています。このコレクションを使用することにより、ユーザーは、汎用的でない厳密に型指定されたコレクションに比べてタイプ セーフでパフォーマンスが高い、厳密に型指定されたコレクションを作成できるようになります。
System.Collections.ObjectModel System.Collections.ObjectModel 名前空間には、再利用可能なライブラリのオブジェクト モデルでコレクションとして使用できるクラスが含まれています。 これらのクラスは、プロパティまたはメソッドがコレクションを返す場合に使用します。
System.Collections.Specialized System.Collections.Specialized 名前空間には、特殊な厳密に型指定されたコレクションが含まれます。たとえば、リンクされたリスト ディクショナリ、ビット ベクター、文字列だけを含むコレクションなどがあります。
表示: