この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Reflection 名前空間

System.Reflection 名前空間には、読み込まれた型、メソッド、およびフィールドのマネージ ビューを提供する型、および型を動的に作成して呼び出すことができる型が含まれます。子名前空間には、コンパイラやその他のツールによってメタデータと Microsoft Intermediate Language (MSIL) を出力できる型が含まれます。

名前空間 説明
System.Reflection System.Reflection 名前空間には、アセンブリ、モジュール、メンバー、パラメーター、およびその他のマネージ コード内のエンティティに関する情報を、そのメタデータを調べることで取得する型が含まれています。 これらの型は、イベントのフックやメソッドの呼び出しなど、読み込んだ型のインスタンスを操作する目的にも使用できます。 動的に型を作成するには、System.Reflection.Emit 名前空間を使用します。
System.Reflection.Context System.Reflection.Context 名前空間には、カスタマイズしたリフレクション コンテキストを有効にするクラスが含まれています。
System.Reflection.Emit System.Reflection.Emit 名前空間には、コンパイラまたはツールでメタデータおよび MSIL (Microsoft Intermediate Language) を生成し、オプションで PE ファイルをディスクに生成するためのクラスが含まれています。 これらのクラスの主なクライアントは、スクリプト エンジンとコンパイラです。
表示: