この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.IdentityModel 名前空間

System.IdentityModel 名前空間には、.NET アプリケーションの認証機能および承認機能を提供するために使用される型が含まれます。

名前空間 説明
System.IdentityModel System.IdentityModel 名前空間には、セキュリティ トークン サービス (STS) をビルドするために使用されるクラスが含まれています。 これらには SecurityTokenService クラスと Scope のクラスが含まれ、クッキーの変換を実行する機能を提供するいくつかの例外的なユーティリティ クラスも含まれます。
System.IdentityModel.Claims System.IdentityModel.Claims 名前空間には、Windows Communication Foundation (WCF) クレームベースの ID 承認モデルを実装するクラスが含まれています。 このモデルには、Claim クラスと ClaimSet クラスが含まれます。 .NET Framework 4.5 および .NET Framework への Windows Identity Foundation (WIF) の統合以降、WCF のクレームベースの ID モデルは WIF に置き換えられました。 WIF には、CLR、WCF、および ASP.NET を含む複数の Microsoft 製品スタックでの認証および承認を提供するために使用できるクレーム ベースの ID オブジェクト モデルが用意されています。クレーム、クレームの種類、およびクレームに基づく ID とプリンシパルを表す WIF クラスは System.Security.Claims の名前空間に含まれています。 .NET 4.5 以降では、System.IdentityModel.Claims 名前空間のクラスの代わりにこれらのクラスを使用する必要があります。
System.IdentityModel.Configuration System.IdentityModel.Configuration 名前空間には、Windows Identify Foundation (WIF) を使用してビルドしたアプリケーションとサービスの構成を提供するクラスが含まれています。 この名前空間のクラスは <identityConfiguration> の要素下の設定を表します。 プロトコルを使用してフェデレーションを構成するクラスは、主に System.IdentityModel.Services.Configuration 名前空間に含まれます。 これらの設定は構成ファイルの <system.identityModel.services> の要素の下に表示されます。
System.IdentityModel.Metadata System.IdentityModel.Metadata 名前空間には、フェデレーション メタデータ ドキュメントの要素を表すクラスが含まれています。 フェデレーションのメタデータ ドキュメントは、フェデレーションを確立するときにパートナーに役立つ場合がある情報を提供する XML ドキュメントです。 フェデレーション メタデータに関する詳細については、仕様書、Web Services Federation Language (WS-Federation) Version 1.2 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=210152) のセクション 3 を参照してください。
System.IdentityModel.Policy System.IdentityModel.Policy 名前空間には、WCF クレームベースの ID モデルを使用するときに承認ポリシーを実装するために使用するクラスが含まれています。 .NET Framework 4.5 および .NET Framework への Windows Identity Foundation (WIF) の統合以降、WCF のクレームベースの ID モデルは WIF に置き換えられました。 WIF には、CLR、WCF、および ASP.NET を含む複数の Microsoft 製品スタックでの認証および承認を提供するために使用できるクレーム ベースの ID オブジェクト モデルが用意されています。WIF では、承認ポリシーは System.Security.Claims.ClaimsAuthorizationManager クラスを拡張して実装されます。 .NET 4.5 以降では、System.IdentityModel.Claims 名前空間のクラスの代わりに WIF を使用することにより承認ポリシーを実装する必要があります。
System.IdentityModel.Protocols.WSTrust System.IdentityModel.Protocols.WSTrust 名前空間は、WS-Trust の成果物を表すクラスを含みます。 これには、ネットワークの WS-Trust の成果物とオブジェクト モデル表現の間でシリアル化および逆シリアル化できる複数のシリアライザーおよび RequestSecurityToken (RST)と RequestSecurityToken (RSTR)のクラスが含まれています。 特別な設定なしに使用できる Windows Identity Foundation (WIF) には、次の WS-Trust 仕様のサポートが含まれています: WS-Trust February 2005 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=210149)、WS-Trust 1.3 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=210148)、または WS-Trust 1.4 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=210229)。
System.IdentityModel.Selectors System.IdentityModel.Selectors 名前空間には、Windows Communication Foundation (WCF) のクレームベースの ID モデルに対して認証を実装するクラスが含まれています。 .NET Framework 4.5 および .NET Framework への Windows Identity Foundation (WIF) の統合以降、WCF のクレームベースの ID モデルは WIF に置き換えられました。 WIF には、CLR、WCF、および ASP.NET を含む複数の Microsoft 製品スタックでの認証および承認を提供するために使用できるクレーム ベースの ID オブジェクト モデルが用意されています。セキュリティ トークンを表し、セキュリティ トークンを処理するために使用される WIF クラスは System.IdentityModel.Tokens 名前空間に含まれています (SecurityTokenSecurityTokenHandler など)。 .NET 4.5 以降では、System.IdentityModel.Selectors 名前空間のクラスの代わりに System.IdentityModel.Tokens 名前空間のクラスを使用する必要があります。
System.IdentityModel.Services System.IdentityModel.Services 名前空間には、主に、WS-Federation プロトコルを使用してフェデレーション認証を実行する、Windows Identity Foundation (WIF) を使用してビルドされたアプリケーションで使用するためのクラスが含まれています。 これには、HTTP モジュール、WSFederationAuthenticationModule (WSFAM) と SessionAuthenticationModule (SAM)、および操作をサポートするクラスが含まれています。 WSFAM は、WS-Federation のサインイン シーケンスとサインアウトの処理を提供し、SAM はクッキーを維持して処理することによってセッション管理を提供します。 名前空間には、サインイン メッセージ (SignInRequestMessageSignInResponseMessage) やサインアウト メッセージ (SignOutRequestMessage) などの WS-Federation メッセージ (WSFederationMessage) を表すクラスが含まれます。さらには、オブジェクト モデルと、それらのメッセージのネットワーク上の表現の間でシリアル化および逆シリアル化を実行するシリアライザーも含まれます。
System.IdentityModel.Services.Configuration System.IdentityModel.Services.Configuration 名前空間には、WS-Federation プロトコルを使用する Windows Idtntity Foundation (WIF) アプリケーション用の構成を提供するクラスが含まれています。 この名前空間のクラスは <system.identityModel.services> の要素下の設定を表します。 System.IdentityModel.Services 名前空間には、WS-Federation を構成するために使用するいくつかのクラスも含まれています。 他のサービスとアプリケーションの設定 (セキュリティ トークン ハンドラーなど) を構成するクラスは、主に System.IdentityModel.Configuration 名前空間に含まれます。 これらの設定は構成ファイルの <identityConfiguration> の要素の下に表示されます。
System.IdentityModel.Services.Tokens System.IdentityModel.Services.Tokens には、MachineKeySessionSecurityTokenHandler クラスと MembershipUserNameSecurityTokenHandler クラスが含まれます。
System.IdentityModel.Tokens System.IdentityModel.Tokens 名前空間には、トークンの生成と処理で使用されるセキュリティ トークン、セキュリティ トークン ハンドラー、キー ID 句、およびその他の成果物を表すクラスが含まれています。 名前空間には、SecurityTokenSecurityTokenHandlerSecurityKeyIdentifierClause などの基本クラス、およびこれらのクラスから派生し、Windows Identity Foundation (WIF) がサポートするトークン タイプの一部、成果物、およびハンドラーを表すクラスが含まれます。 これには、SamlSecurityTokenSamlSecurityTokenHandlerSaml2SecurityTokenSaml2SecurityTokenHandler など、SAML v1.1 および v2.0 トークンのサポートを含んだクラスが含まれます。
表示: