この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Diagnostics 名前空間

System.Diagnostics 名前空間には、システム プロセス、イベント ログ、およびパフォーマンス カウンターと対話できる型が含まれます。子名前空間には、コード分析ツールとやり取りする型、コントラクトをサポートする型、アプリケーションの監視およびインストルメンテーションのデザイン時サポートを拡張する型、Windows イベント トレーシング (ETW) トレース サブシステムを使用してイベント データを記録する型、イベント ログのデータを読み書きしてパフォーマンス データを収集する型、およびデバッグ シンボル情報を読み書きする型が含まれます。

名前空間 説明
System.Diagnostics System.Diagnostics 名前空間には、システム プロセス、イベント ログ、およびパフォーマンス カウンターと対話するためのクラスが用意されています。
System.Diagnostics.CodeAnalysis System.Diagnostics.CodeAnalysis 名前空間には、コード分析ツールとの対話用のクラスが含まれています。 これらのツールは、コードが命名やセキュリティなどに関するコーディング規則に準拠しているかどうかを分析するために使用します。
System.Diagnostics.Contracts System.Diagnostics.Contracts 名前空間には、事前条件、事後条件、不変条件などのプログラム コントラクトを表すための静的クラスが含まれています。
System.Diagnostics.Contracts.Internal System.Diagnostics.Contracts.Internal 名前空間には、バイナリ リライターがコントラクト エラーの処理に使用できるクラスが用意されています。
System.Diagnostics.Design System.Diagnostics.Design 名前空間には、アプリケーションの監視とインストルメンテーションのデザイン時サポートの拡張に使用できるクラスが含まれています。
System.Diagnostics.Eventing アプリケーションのインストルメントに使用されるクラスが含まれています。 インストルメンテーションを有効にした場合、イベント データが Event Tracing for Windows (ETW) トレース サブシステムに記録されます。 ETW の詳細については、「Event Tracing for Windows (Windows イベント トレーシング)」を参照してください。
System.Diagnostics.Eventing.Reader System.Diagnostics.Eventing.Reader 名前空間を使用すると、イベント ログの読み取りおよび管理を行うアプリケーションを開発できます。 イベント ログのイベントには、特定のアプリケーション、サービス、またはオペレーティング システム コンポーネントによって発行された情報、警告、またはエラーが含まれています。これらのイベントは、コンピューターの状態を監視するアプリケーションや、特定のイベントが発生したときにアクションを実行するアプリケーションによって読み取られます。詳細については、「Technology Summary for Reading and Managing Event Logs」および「Event Log Scenarios」を参照してください。
System.Diagnostics.PerformanceData カウンター データを提供するには、この名前空間のクラスを使用します。 カウンターは、パフォーマンス モニターなどのコンシューマーにパフォーマンス メトリックスを公開するために使われます。 この名前空間には、カウンター データを使用するためのクラスは含まれていません。 パフォーマンス カウンターのアーキテクチャの詳細については、「パフォーマンス カウンター」を参照してください。
System.Diagnostics.SymbolStore System.Diagnostics.SymbolStore 名前空間には、MSIL (Microsoft Intermediate Language) マップへのソース行などのデバッグ シンボル情報を読み取ったり書き込んだりするためのクラスが用意されています。 .NET Framework 対応のコンパイラでは、デバッグ シンボル情報をプログラム データベース (PDB) ファイルに格納できます。 デバッガーとコード プロファイラー ツールは、実行時にデバッグ シンボル情報を読み取ることができます。
System.Diagnostics.Tracing System.Diagnostics.Tracing 名前空間は、Windows (ETW) のイベント トレースがキャプチャ厳密に入力したイベントを作成できるようにする型およびメンバーを示します。
表示: