この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Data 名前空間

System.Data 名前空間には、さまざまなソースのデータにアクセスしたりそれらを管理するためのクラスが含まれます。トップレベルの名前空間と多数の子名前空間によって、ADO.NET アーキテクチャおよび ADO.NET データ プロバイダーが形成されます。たとえば、プロバイダーは SQL Server、Oracle、ODBC、および OleDB で利用できます。その他の子名前空間には、ADO.NET Entity Data Model (EDM) および WCF データ サービスで使用されるクラスが含まれます。

名前空間 説明
System.Data System.Data 名前空間は、ADO.NET アーキテクチャを表すクラスを使用できるようにします。 ADO.NET を使用すると、複数のデータ ソースのデータを効率的に管理するコンポーネントを作成できます。
System.Data.Common System.Data.Common 名前空間には、.NET Framework データ プロバイダーが共有するクラスが含まれます。
System.Data.Common.CommandTrees System.Data.Common.CommandTrees 名前空間には、コマンド ツリーを構成する式を構築するためのクラスが用意されています。
System.Data.Common.CommandTrees.ExpressionBuilder System.Data.Common.CommandTrees.ExpressionBuilder 名前空間には、コマンド ツリー API が用意されています。
System.Data.Common.CommandTrees.ExpressionBuilder.Spatial System.Data.Common.CommandTrees.ExpressionBuilder.Spatial 名前空間には、空間のエンティティ データ モデル (EDM: Entity Data Model) 機能を表すクラスが含まれています。
System.Data.Common.EntitySql System.Data.Common.EntitySql 名前空間には、EntitySqlParser クラスなどのサポート クラスが含まれています。 これらのクラスを使用すると、Entity SQL のクエリ文字列を解析し、コマンド ツリー クエリを作成できます。
System.Data.Design System.Data.Design 名前空間には、カスタム型を指定されたデータセットを生成するために使用できるクラスが含まれています。
System.Data.Entity.Design System.Data.Entity.Design 名前空間には、エンティティ データ モデル (EDM) ファイルおよびオブジェクト ソース コードを生成するクラスが含まれます。
System.Data.Entity.Design.AspNet System.Data.Entity.Design.AspNet 名前空間には、ASP.NET ビルド環境の Entity Data Model (EDM) ビルド プロバイダーが含まれています。
System.Data.Entity.Design.PluralizationServices PluralizationServices 名前空間には、単語を単数形から複数形に、または複数形から単数形に変更するためのクラスが用意されています。
System.Data.EntityClient System.Data.EntityClient 名前空間は、Entity Framework の .NET Framework データ プロバイダーです。
System.Data.Linq System.Data.Linq 名前空間には、LINQ to SQL アプリケーションでのリレーショナル データベースとの対話をサポートするクラスが含まれています。
System.Data.Linq.Mapping System.Data.Linq.Mapping 名前空間には、リレーショナル データベースの構造と内容を表す LINQ to SQL オブジェクト モデルを生成するために使用されるクラスが含まれています。
System.Data.Linq.SqlClient System.Data.Linq.SqlClient 名前空間には、SQL Server と通信するためのプロバイダー クラスおよびクエリ ヘルパー メソッドを含むクラスが含まれます。
System.Data.Linq.SqlClient.Implementation System.Data.Linq.SqlClient.Implementation 名前空間には、SQL Server プロバイダーの内部実装詳細のために使用される型が含まれています。
System.Data.Mapping System.Data.Mapping 名前空間は、MappingItemCollection クラスおよび StorageMappingItemCollection クラスを使用できるようにします。
System.Data.Metadata.Edm System.Data.Metadata.Edm 名前空間には、Entity Framework によって使用されるモデル全体の概念を表す一連の型とアプリケーションがメタデータを処理する場合に役立つ一連のクラスが含まれます。 
System.Data.Objects System.Data.Objects 名前空間には、Object Services のコア機能へのアクセスを提供するクラスが含まれています。 これらのクラスは、エンティティ型のインスタンスである厳密に型指定された CLR オブジェクトを使用することにより、データのクエリ、挿入、更新、および削除を可能にします。 Object Services は、Entity Data Model (EDM) で定義された型に対して、統合言語クエリ (LINQ) および Entity SQL クエリの両方をサポートしています。 Object Services は、返されたデータをオブジェクトとして具体化し、オブジェクトの変更をデータ ソースに保存します。 また、変更の追跡、コントロールへのオブジェクトのバインド、同時実行の処理などの機能も提供します。 詳細については、「Object Services Overview (Entity Framework)」を参照してください。
System.Data.Objects.DataClasses System.Data.Objects.DataClasses 名前空間には、Entity Data Model (EDM) で定義される型の基本クラス、ナビゲーション プロパティによって返される型の基本クラス、および共通言語ランタイム (CLR) オブジェクトを概念モデルの型に対応付ける属性を定義するクラスが含まれています。
System.Data.Objects.SqlClient System.Data.Objects.SqlClient 名前空間には、データベース関数に変換する共通言語ランタイム (CLR) のメソッドを含む SqlFunctions クラスが用意されています。 SqlFunctions クラスのメソッドは、LINQ to Entities クエリでのみ使用できます。
System.Data.Odbc System.Data.Odbc 名前空間は、.NET Framework ODBC 用データ プロバイダーです。
System.Data.OleDb System.Data.OleDb 名前空間は、.NET Framework OLE DB 用データ プロバイダーです。
System.Data.OracleClient System.Data.OracleClient 名前空間は、.NET Framework Oracle 用データ プロバイダーです。
System.Data.Services WCF Data Services の構築に使われるクラスへのアクセスを提供します。
System.Data.Services.BuildProvider この名前空間のクラスは、データ サービスから返されたメタデータに基づいて、WCF Data Services クライアント アプリケーションの C# または Visual Basic のコードを生成します。
System.Data.Services.Client アプリケーションが WCF Data Services との対話に使用できる .NET Framework クライアント ライブラリを表します。
System.Data.Services.Common WCF Data Services のクライアント ランタイムとサーバー ランタイムの両方に共通する機能を実装します。
System.Data.Services.Configuration この名前空間は、WCFデータ サービス機能に構成の設定も提供します。
System.Data.Services.Design コード生成コマンド ライン ツールおよび Visual Studio のツールが、厳密に型指定されたクライアント側オブジェクトをデータ サービスとの通信用に作成するのに使用します。
System.Data.Services.Internal このクラスは、一般的な使用を意図したものではなく、関連エンティティの一括読み込みでのクエリのサポートを実装するために、システムで内部的に使用されるものです。
System.Data.Services.Providers WCF Data Services のカスタム データ サービス プロバイダーを定義するために実装される一連のインターフェイスを提供します。 
System.Data.Spatial 空間データベース機能のクラスを含まれている System.Data.Spatial の名前空間。
System.Data.Sql System.Data.Sql 名前空間には、SQL Server 固有の機能をサポートするクラスが含まれています。
System.Data.SqlClient System.Data.SqlClient 名前空間は、.NET Framework SQL Server 用データ プロバイダーです。
System.Data.SqlTypes System.Data.SqlTypes の名前空間には、ネイティブ データにクラスをデータ型 SQL Serverを提供します。 これらのクラスは、.NET Framework 共通言語ランタイム (CLR) に用意されているデータ型よりも安全で高速な手段を提供します。 この名前空間のクラスを使用すると、精度が失われる場合に発生する型変換エラーの防止に役立ちます。 また、他のデータ型は SqlTypes との間で内部的に変換されるため、この名前空間内でオブジェクトを明示的に作成および使用する方が高速なコードを生成できます。
表示: