この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Security 名前空間

System.Security 名前空間には、.NET Framework のセキュリティ システムおよびアクセス許可を表すクラスが含まれます。子名前空間では、セキュリティ保護できるオブジェクトに対するアクセスを制御したり監査する型、認証を許可する型、暗号サービスを提供する型、操作とリソースへのアクセスをポリシーに基づいて制御する型、およびアプリケーションで作成されたコンテンツの権限管理をサポートする型を用意しています。

名前空間 説明
System.Security System.Security 名前空間は、アクセス許可の基本クラスなど、共通言語ランタイムのセキュリティ システムの基盤となる構造を提供します。
System.Security.AccessControl System.Security.AccessControl 名前空間は、セキュリティ設定が可能なオブジェクトについて、これらのオブジェクトへのアクセスを制御したり、セキュリティ関連の操作を監査したりするプログラミング要素を提供します。
System.Security.Authentication Authentication 名前空間は、接続のセキュリティを定義する一連の列挙体を提供します。 これらの列挙値には、CipherAlgorithmTypeExchangeAlgorithmTypeHashAlgorithmTypeSslProtocolType などがあります。
System.Security.Authentication.ExtendedProtection System.Security.Authentication.ExtendedProtection 名前空間は、アプリケーションの拡張保護を使用した認証をサポートします。
System.Security.Authentication.ExtendedProtection.Configuration System.Security.Authentication.ExtendedProtection.Configuration 名前空間は、アプリケーションの拡張保護を使用した認証の構成をサポートします。
System.Security.Claims クレーム、クレームベース ID、およびクレームベース プリンシパルを表すクラスを含む、.NET Framework のクレームベース ID を実装するクラスを格納します。
System.Security.Cryptography System.Security.Cryptography 名前空間は、データの安全なエンコーディングやデコーディング、およびハッシュ演算、乱数生成、メッセージ認証などの操作を含む、暗号サービスを提供します。 詳細については、「Cryptographic Services」を参照してください。
System.Security.Cryptography.Pkcs System.Security.Cryptography.Pkcs 名前空間は、データ署名、キーの交換、証明書の要求、公開キーの暗号化と復号化、およびその他のセキュリティ機能のためのメソッドを含め、公開キー暗号化標準 (PKCS) のためのプログラミング要素を提供します。
System.Security.Cryptography.X509Certificates System.Security.Cryptography.X509Certificates 名前空間には、共通言語ランタイムにおける Authenticode X.509 v.3 証明書の実装を格納します。 この証明書は、証明書の所有者を一意に、そして確実に識別する秘密キーで署名されます。
System.Security.Cryptography.Xml System.Security.Cryptography.Xml 名前空間には、XML デジタル署名の作成と検証をサポートするクラスが含まれています。 この名前空間に含まれるクラスは、W3C (World Wide Web Consortium) による勧告『XML-Signature Syntax and Processing』を実装しています。この勧告は http://www.w3.org/TR/xmldsig-core/ で公開されています。
System.Security.Permissions System.Security.Permissions 名前空間は、ポリシーに基づいて操作とリソースへのアクセスを制御するクラスを定義します。
System.Security.Policy System.Security.Policy 名前空間には、コード グループ、メンバーシップ条件、および証拠が含まれます。 これらの 3 種類のクラスは、共通言語ランタイム セキュリティ ポリシー システムで適用されるルールを作成するために使用します。 証拠クラスはセキュリティ ポリシーへの入力であり、メンバーシップ条件はスイッチです。これら 2 つのクラスの両方によって、ポリシー ステートメントが作成され、与えられるアクセス許可セットが決定されます。 ポリシー レベルとコード グループは、ポリシーの階層構造を形成します。 コード グループは規則をカプセル化したもので、ポリシー レベルに階層的に配置されます。
System.Security.Principal System.Security.Principal 名前空間は、コードを実行するときに使用するセキュリティ コンテキストを表すプリンシパル オブジェクトを定義します。 詳細については、「Role-Based Security」を参照してください。
System.Security.RightsManagement Package XpsDocument に格納されているものなど、アプリケーションで作成されたコンテンツの権限管理をサポートする型を提供します。
表示: