この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Management 名前空間

System.Management 名前空間には、WMI (Windows Management Instrumentation) インフラストラクチャに組み込まれている、システム、デバイス、アプリケーションに関する管理情報と管理イベントにアクセスするための型が含まれます。また、これらの名前空間には、アプリケーションの管理情報とイベントを WMI を通じて潜在的なコンシューマーに公開できるよう、アプリケーションを組み込むために必要な型も含まれます。

名前空間 説明
System.Management WMI (Windows Management Instrumentation) インフラストラクチャに組み込まれている、システム、デバイス、アプリケーションに関する豊富な管理情報と管理イベントへのアクセスを提供します。 アプリケーションとサービスは、ManagementObjectSearcherManagementQuery から派生したクラスを使用して、役立つ管理情報 (ディスクの残りの空き容量、現在の CPU 使用状態、特定のアプリケーションが接続されているデータベースなど) を問い合わせることができ、また、ManagementEventWatcher クラスを使用して各種の管理イベントをサブスクライブできます。 分散環境ではマネージ コンポーネントとアンマネージ コンポーネントの両方のデータにアクセスできます。
System.Management.Instrumentation 管理用のアプリケーションを組み込み、それらの管理情報とイベントを WMI を通じて潜在的なコンシューマーに公開するために必要なクラスが用意されています。 こうすることで Microsoft Application Center や Microsoft Operations Manager などのコンシューマーはユーザーのアプリケーションを簡単に管理でき、マネージ、アンマネージを問わず、管理者スクリプトやその他のアプリケーションでユーザーのアプリケーションの監視と設定を行うことができます。 ユーザーのアプリケーションの実装は、公開するクラスの InstrumentationClass カスタム属性を使用するか、または提供されている BaseEvent 基本クラスおよび Instance 基本クラスと Instrumentation ヘルパー クラスを使用することで簡単に行うことができます。
表示: