この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.AddIn 名前空間

System.AddIn 名前空間には、アドインを識別、登録、アクティブ化、および制御するために使用する型と、アドインとホスト アプリケーションとの通信を可能にする型が含まれます。

名前空間 説明
System.AddIn System.AddIn 名前空間には、アドインを識別するための AddInAttribute 属性が含まれています。
System.AddIn.Contract System.AddIn.Contract 名前空間には、独立して更新されるコンポーネント間の通信の基盤を提供するインターフェイスおよび構造体が含まれています。
System.AddIn.Contract.Automation System.AddIn.Contract.Automation 名前空間には、コンポーネントが型情報にアクセスしたり、型メンバーを呼び出したりする際に使用するインターフェイスが含まれています。
System.AddIn.Contract.Collections System.AddIn.Contract.Collections 名前空間には、IContract オブジェクトおよび RemoteArgument オブジェクトのコレクションを定義するインターフェイスが含まれています。
System.AddIn.Hosting System.AddIn.Hosting 名前空間には、アドインの検出、登録、アクティブ化、および制御に必要なクラスが用意されています。
System.AddIn.Pipeline System.AddIn.Pipeline 名前空間には、ホスト アプリケーションとアドインとの間の通信パイプラインを構築するためのクラスが用意されています。
表示: