この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.IO 名前空間

System.IO 名前空間には、ストリームに対して同期または非同期にデータの読み書きをする、ストリーム内のデータを圧縮する、分離ストアを作成および使用する、ファイルをアプリケーションの論理アドレス空間に対応付ける、単一のコンテナーに複数のデータ オブジェクトを格納する、匿名パイプまたは名前付きパイプを使用して通信する、カスタムのログ記録を実装する、シリアル ポートに対するデータのフローを処理する機能などの入出力をサポートする型が含まれます。

名前空間 説明
System.IO System.IO 名前空間には、ファイルとデータ ストリームの読み取りと書き込みを可能にするための型、およびファイルとディレクトリに関する基本的なサポートを提供する型が含まれています。
System.IO.Compression System.IO.Compression 名前空間には、ストリームの圧縮と圧縮解除に関する基本的なサービスを提供するクラスが含まれます。
System.IO.IsolatedStorage System.IO.IsolatedStorage 名前空間には、分離ストアの作成と使用を許可する型が含まれています。 これらのストアを使用すると、信頼性の低いコードではアクセスできないデータを読み書きし、ファイル システムの他の場所に保存される可能性のある機密情報の漏洩を防止できます。 データは、現在のユーザーと、コードが存在するアセンブリ別に分離されたコンパートメントに格納されます。 さらに、ドメインごとにデータを分離することもできます。 ローミング プロファイルを分離ストレージと共に使用して、分離ストアがユーザーのプロファイルで移動できるようにします。 IsolatedStorageScope 列挙体は、異なる種類の分離を示しています。 分離ストレージを使用する時期の詳細については、「分離ストレージ」を参照してください。
System.IO.Log System.IO.Log 名前空間は、レコード指向シーケンシャル I/O システムにログを記録するためのインターフェイスを定義します。
System.IO.MemoryMappedFiles System.IO.MemoryMappedFiles 名前空間には、ファイルの内容をアプリケーションの論理アドレス空間に対応付けるメモリ マップト ファイルを使用するためのクラスが用意されています。
System.IO.Packaging 単一のコンテナーに対する複数のデータ オブジェクトの格納をサポートするクラスを提供します。
System.IO.Pipes System.IO.Pipes 名前空間には、匿名パイプまたは名前付きパイプあるいはその両方によるプロセス間通信の手段となる型が含まれています。
System.IO.Ports System.IO.Ports 名前空間には、シリアル ポートを制御するためのクラスが含まれます。 最も重要な役割を持つのが SerialPort クラスです。このクラスは、同期 I/O とイベント ドリブン I/O、ピンの状態とブレーク状態へのアクセス、およびシリアル ドライバーのプロパティへのアクセスを提供します。 このクラスを使って Stream オブジェクトをラップすることにより、ストリームを使用するクラスからシリアル ポートへのアクセスを実現できます。
表示: