この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Web 名前空間

System.Web 名前空間には、ブラウザーとサーバー間の通信を実現する型が含まれます。子名前空間には、ASP.NET フォーム認証、アプリケーション サービス、サーバーでのデータ キャッシュ、ASP.NET アプリケーションの構成、動的データ、HTTP ハンドラー、JSON シリアル化、ASP.NET への AJAX 機能の組み込み、ASP.NET セキュリティ、および Web サービスをサポートする型が含まれます。

名前空間 説明
System.Web System.Web 名前空間は、ブラウザーとサーバー間の通信を有効にするクラスとインターフェイスを提供します。 この名前空間には、現在の HTTP 要求に関する詳細情報を提供する HttpRequest クラス、クライアントへの HTTP 出力を管理する HttpResponse クラス、およびサーバー側のユーティリティとプロセスへのアクセスを提供する HttpServerUtility クラスが含まれています。 System.Web には、クッキー操作、ファイル転送、例外情報、および出力キャッシュ制御のためのクラスも含まれています。
System.Web.ApplicationServices System.Web.ApplicationServices 名前空間には、ASP.NET フォーム認証、ロール、およびプロファイル アプリケーションの各サービスに WCF (Windows Communication Foundation) サービスとしてアクセスできるようにするクラスが用意されています。
System.Web.Caching System.Web.Caching 名前空間は、サーバーで頻繁に使用するデータをキャッシュするために、クラスを提供しています。
System.Web.ClientServices System.Web.ClientServices 名前空間には、Windows ベースのアプリケーションで Microsoft Ajax 認証、ロール、およびプロファイルの各サービスへのアクセスをサポートするクラスが用意されています。 
System.Web.ClientServices.Providers System.Web.ClientServices.Providers 名前空間には、Windows ベースのアプリケーションで Microsoft Ajax 認証、ロール、およびプロファイルの各サービスへのアクセスをサポートするクライアント サービス プロバイダーとその他のクラスが含まれます。
System.Web.Compilation System.Web.Compilation 名前空間には、ASP.NET ビルド環境内のカスタム ファイル タイプを生成およびコンパイルするためのクラスが含まれます。
System.Web.Configuration System.Web.Configuration 名前空間には、ASP.NET 構成の設定に使用するクラスがあります。
System.Web.Configuration.Internal System.Web.Configuration.Internal 名前空間には、内部使用のみを目的とする構成の種類が含まれます。
System.Web.DynamicData System.Web.DynamicData 名前空間には、ASP.NET Dynamic Data のコア機能を提供するクラスが含まれます。 動的データの動作をカスタマイズできる機能拡張も用意されています。
System.Web.DynamicData.Design System.Web.DynamicData.Design 名前空間には、System.Web.DynamicData 名前空間のクラスに対するデザイン時サポートを提供するクラスが含まれます。
System.Web.DynamicData.ModelProviders System.Web.DynamicData.ModelProviders 名前空間には、ASP.NET Dynamic Data プロバイダーのコア機能を定義するクラスが含まれます。
System.Web.Handlers System.Web.Handlers 名前空間には、Web サーバーに対する HTTP 要求を処理する HTTP ハンドラー クラスが含まれます。
System.Web.Hosting System.Web.Hosting 名前空間には、Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 以外のマネージ アプリケーションから ASP.NET アプリケーションをホストする機能があります。
System.Web.Instrumentation System.Web.Instrumentation 名前空間には、現在のページ実行に関する情報を提供する型が含まれます。これらの型には、実行リスナーとインストルメンテーションと、ビュー エンジンが出力を表示する前と後に呼び出されるメソッドが含まれます。
System.Web.Mail この名前空間に含まれるクラスの使用は、現在推奨されていません。 代わりに、System.Net.Mail 名前空間を使用してください。 System.Web.Mail 名前空間には、CDOSYS (Collaboration Data Objects for Windows 2000) メッセージ コンポーネントを使用してメッセージを作成および送信するクラスがあります。 メール メッセージは、Microsoft Windows 2000 に組み込まれている SMTP メール サービスまたは任意の SMTP サーバーを経由して配信されます。 この名前空間のクラスは、ASP.NET または任意のマネージ アプリケーションで使用できます。
System.Web.Management System.Web.Management 名前空間には、Web アプリケーションの正常性を管理および監視するためのクラスおよびインターフェイスが含まれています。
System.Web.Mobile System.Web.Mobile 名前空間には、ASP.NET モバイル Web アプリケーションの構築に必要な認証やエラー処理の中核的機能が含まれています。ASP.NET モバイル アプリケーションを開発する方法については、www.asp.net/mobile の Web サイトを参照してください。
System.Web.ModelBinding System.Web.ModelBinding 名前空間は、ASP.NET Web フォームのサーバー コントロールにデータ オブジェクトをバインドできるようにするクラスを提供します。
System.Web.Profile System.Web.Profile 名前空間には、Web サーバー アプリケーションで ASP.NET のユーザー プロファイルを処理するために使用されるクラスが含まれます。
System.Web.Query.Dynamic System.Web.Query.Dynamic 名前空間には、LinqDataSource コントロールの表現を解析して統合言語クエリ (LINQ: Language-Integrated Query) にするために使用されるクラスが含まれています。
System.Web.RegularExpressions System.Web.RegularExpressions 名前空間には、ASP.NET ファイルを解析するために使用できる、プリコンパイル済みの正規表現が用意されています。 System.Web.RegularExpressions 名前空間のすべてのメンバーは、Regex クラスの子孫です。
System.Web.Routing System.Web.Routing 名前空間は、URL ルーティングと一緒に使用されるクラスを提供します。このルーティングにより、物理ファイルにマップされない URL の使用が可能になります。
System.Web.Script System.Web.Script 名前空間には、スクリプト リソース情報を提供するクラスが含まれています。
System.Web.Script.Serialization System.Web.Script.Serialization 名前空間には、マネージ型の JSON (JavaScript Object Notation) シリアル化と逆シリアル化を提供するクラスが含まれます。 シリアル化動作をカスタマイズするための機能拡張も提供します。
System.Web.Script.Services System.Web.Script.Services 名前空間には、ASP.NET の AJAX 機能を使用するために Web サービス サポートをカスタマイズする属性が用意されています。
System.Web.Security この System.Web.Security 名前空間には、Web サーバー アプリケーションに ASP.NET セキュリティを実装する場合に使用するクラスがあります。
System.Web.Security.AntiXss クロスサイト スクリプト (XSS) 攻撃および LDAP インジェクション攻撃からアプリケーションを保護するための文字列のエンコーディングに使用できるメソッドを格納します。
System.Web.Services System.Web.Services 名前空間には、ASP.NET を使用した XML Web サービスおよび XML Web サービス クライアントを作成できるクラスが含まれています。 XML Web サービスは、HTTP、XML、XSD、SOAP、WSDL などの標準プロトコルを使用する疎結合環境でのメッセージ交換機能を提供するアプリケーションです。 XML Web サービスを使用すると、企業内外の異種環境に対して、実装、プラットフォーム、およびデバイスの相互運用を広範囲にわたって実現するモジュール アプリケーションを構築できます。 これらのアプリケーションの SOAP ベースの XML メッセージには、構造化および型指定を細かく定義している部分と、任意の XML を使用して大まかに定義している部分があります。 プロトコルの範囲内で絶えず進化するこのメッセージ機能は、Web の今後のビルド ブロックとして XML Web サービスの柔軟性と保全性の基本となります。
System.Web.Services.Configuration System.Web.Services.Configuration 名前空間で構成されるクラスによって、ASP .NET を使用して作成された XML Web サービスをどのように実行するかを設定します。
System.Web.Services.Description System.Web.Services.Description 名前空間には、Web サービス記述言語 (WSDL) を使用して XML Web サービスをパブリックに記述するためのクラスが含まれています。 この名前空間の各クラスは、WSDL 仕様の中の特定の要素に対応します。クラス階層は、有効な WSDL ドキュメントの XML 構造に対応します。 WSDL の詳細については、W3C Web サイト (http://www.w3.org/TR/wsdl/) で仕様を参照してください。
System.Web.Services.Discovery System.Web.Services.Discovery 名前空間は、XML Web サービス クライアントが XML Web サービス探索と呼ばれるプロセスを使用して、Web サーバー上の利用できる XML Web サービスを検索できるようにするクラスで構成されています。
System.Web.Services.Protocols System.Web.Services.Protocols 名前空間は、XML Web サービス クライアントと ASP.NET を使用して作成された XML Web サービスとの間の通信時に、データを送信するために使用されるプロトコルを定義するクラスで構成されています。
System.Web.SessionState System.Web.SessionState 名前空間は、サーバーの Web アプリケーションにある、単一のクライアントに固有のデータ ストレージを有効にする、クラスとインターフェイスを提供します。 クライアントがアプリケーションと永続的に接続しているように見せかけるために、セッション状態データが使用されます。 状態情報は、ローカル プロセス メモリ内に格納するか、Web ファーム構成の場合は、ASP.NET 状態サービスまたは Microsoft SQL Server データベースを使用してプロセス以外の場所に格納できます。
System.Web.UI System.Web.UI 名前空間には、ASP.NET Web アプリケーションのユーザー インターフェイスとして ASP.NET サーバー コントロールと ASP.NET Web ページを作成するために使用できるクラスとインターフェイスが用意されています。
System.Web.UI.Adapters System.Web.UI.Adapters 名前空間には、コントロール アダプターおよびページ アダプターの基本クラスが含まれます。 これらのアダプターを使用して、ページおよびコントロールが持つ有効期間の各状態をオーバーライドできます。 これは、新しいマークアップ規格や特定のブラウザーに合わせてコントロールのマークアップまたは動作を変更する場合に役立ちます。
System.Web.UI.DataVisualization.Charting System.Web.UI.DataVisualization.Charting 名前空間には、Chart Web サーバー コントロール用のメソッドとプロパティが含まれています。
System.Web.UI.Design System.Web.UI.Design 名前空間には、ASP.NET Web ページや Web サーバー コントロールのデザイン時サポートの拡張に使用できるクラスが含まれます。
System.Web.UI.Design.Directives System.Web.UI.Design.Directives 名前空間には、ASP.NET Web ページ ディレクティブのデザイン時サポートの拡張に使用できるクラスが含まれています。
System.Web.UI.Design.MobileControls System.Web.UI.Design.MobileControls 名前空間には、System.Web.UI.MobileControls 名前空間のクラスに対するデザイン時サポートを提供するクラスが含まれます。ASP.NET モバイル アプリケーションを開発する方法については、www.asp.net/mobile の Web サイトを参照してください。
System.Web.UI.Design.MobileControls.Converters System.Web.UI.Design.MobileControls.Converters 名前空間には、モバイル コントロールのデータ型コンバーターに対するデザイン時サポートを提供するクラスが含まれます。 ASP.NET モバイル アプリケーションを開発する方法については、www.asp.net/mobile の Web サイトを参照してください。
System.Web.UI.Design.WebControls System.Web.UI.Design.WebControls 名前空間には、Web サーバー コントロールのデザイン時サポートの拡張に使用できるクラスが含まれています。
System.Web.UI.Design.WebControls.WebParts System.Web.UI.Design.WebControls.WebParts 名前空間には、System.Web.UI.WebControls.WebParts 名前空間のクラスの派生コントロールに対するデザイン時サポートを提供するクラスが含まれています。
System.Web.UI.HtmlControls System.Web.UI.HtmlControls 名前空間には、Web フォーム ページに HTML サーバー コントロールを作成するときに使用するクラスが含まれます。 HTML サーバー コントロールはサーバー上で実行され、ほとんどのブラウザーでサポートされる標準の HTML タグに直接割り当てられます。 これを使用すると、Web フォーム ページの HTML 要素をプログラムによって制御できます。
System.Web.UI.MobileControls System.Web.UI.MobileControls 名前空間には、各種のモバイル デバイス用にアプリケーションをレンダリングできる ASP.NET サーバー コントロールが含まれます。 この名前空間に含まれる API は、互換性のために残されています。 ASP.NET モバイル アプリケーションを開発する方法については、www.asp.net/mobile の Web サイトを参照してください。
System.Web.UI.MobileControls.Adapters System.Web.UI.MobileControls.Adapters 名前空間には、モバイル コントロールが持つ有効期間の各段階をオーバーライドし、新しいマークアップ規格や特定のブラウザー、特定のモバイル デバイスに合わせてコントロールの既定の HTML、cHTML、WML マークアップまたは既定の動作を変更するためのクラスが含まれています。この名前空間に含まれる API は、互換性のために残されています。 ASP.NET モバイル アプリケーションを開発する方法については、www.asp.net/mobile の Web サイトを参照してください。
System.Web.UI.MobileControls.Adapters.XhtmlAdapters System.Web.UI.MobileControls.Adapters.XhtmlAdapters 名前空間には、モバイル コントロールが持つ有効期間の各段階をオーバーライドし、新しいマークアップ規格や特定のブラウザー、特定のモバイル デバイスに合わせてコントロールの既定の XHTML マークアップまたは既定の動作を変更するためのクラスが含まれています。 ASP.NET モバイル アプリケーションを開発する方法については、www.asp.net/mobile の Web サイトを参照してください。
System.Web.UI.WebControls System.Web.UI.WebControls 名前空間には、Web ページに Web サーバー コントロールを作成するときに使用するクラスが含まれます。 Web サーバー コントロールはサーバー上で実行されます。Web サーバー コントロールには、ボタンやテキスト ボックスなどのフォーム コントロールが含まれます。 Web サーバー コントロールには、予定表などの特別な目的で使用するコントロールも含まれています。 Web サーバー コントロールはサーバー上で実行されるため、これらの要素をプログラムによって制御できます。 Web サーバー コントロールは HTML として描画されますが、そのオブジェクト モデルには必ずしも HTML の構文が反映されるとは限りません。
System.Web.UI.WebControls.Adapters System.Web.UI.WebControls.Adapters 名前空間には、Web コントロールが持つ有効期間の各段階をオーバーライドするために使用できるクラスが含まれています。 これらのクラスを使用すると、新しいマークアップ規格や特定のブラウザーに合わせてコントロールのマークアップまたは動作を変更できます。
System.Web.UI.WebControls.Expressions System.Web.UI.WebControls.Expressions 名前空間には、QueryExtender コントロールを使用して Web ページ内のデータをフィルター処理できるようにするクラスが用意されています。
System.Web.UI.WebControls.WebParts System.Web.UI.WebControls.WebParts 名前空間には、Web パーツ コントロール セットと総称されるクラスおよびインターフェイスが含まれます。 これらのクラスを使用すると、エンド ユーザーが外観や動作を変更 (カスタマイズ) できる Web ページを作成できます。 各ユーザーによってパーソナル化されたページ設定は、その後のブラウザー セッション用に保存されます。
System.Web.Util System.Web.Util 名前空間は、コールバック メソッドをトランザクションのスコープ下で実行したり、異なるスレッドに作業をポストしたりできるようにするクラスのコレクションです。
System.Web.WebSockets System.Web.WebSockets 名前空間には、ASP.NET Web フォーム アプリケーションへの WebSocket 機能の追加をサポートするクラスが含まれています。
表示: