この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Runtime 名前空間

System.Runtime 名前空間には、アプリケーションの共通言語ランタイムとのやり取りをサポートする型、アプリケーション データ キャッシュ機能、高度な例外処理、アプリケーション ドメイン内でのアプリケーションのアクティベーション、COM 相互運用、分散アプリケーション、シリアル化と逆シリアル化、バージョン管理などの機能を有効にする型が含まれます。その他の名前空間は、共通言語ランタイムの実行時動作に影響する属性、一連のコードとそのコードに依存するその他のコードとの間で信頼関係を築くためのコントラクトを定義する属性、および WCF (Windows Communication Foundation) の永続化プロバイダーを実装する属性を、コンパイラ ライターが指定できるようにします。

名前空間 説明
System.Runtime System.Runtime 名前空間には、SystemRuntimeSecurity の各名前空間など、さまざまな名前空間をサポートする高度な型が含まれています。
System.Runtime.Caching System.Runtime.Caching 名前空間には、.NET Framework アプリケーションでキャッシュを実装できる型が含まれています。
System.Runtime.Caching.Configuration System.Runtime.Caching.Configuration 名前空間には、.NET Framework キャッシュ機能の構成ハンドラー クラスが含まれています。
System.Runtime.Caching.Hosting System.Runtime.Caching.Hosting 名前空間内の型は、ASP.NET のキャッシュ機能を使用する .NET Framework ホスト環境をサポートします。
System.Runtime.CompilerServices System.Runtime.CompilerServices 名前空間は、マネージ コードを使用して、共通言語ランタイムの実行時の動作に影響を与えるメタデータの属性を指定する機能をコンパイラ ライターに与えます。
System.Runtime.ConstrainedExecution System.Runtime.ConstrainedExecution 名前空間には、コードの作成者と、そのコードに依存したプログラムの開発者間で信頼関係を構築するためのコントラクトを列挙および定義する、一連の型が定義されています。 System.Runtime.ConstrainedExecution 名前空間の型は、制約された実行領域 (CER) での使用を想定して設計されています。
System.Runtime.DesignerServices System.Runtime.DesignerServices 名前空間は、統合開発環境でアプリケーションとコンポーネント デザイナーをサポートするクラスを提供します。
System.Runtime.DurableInstancing この名前空間には、永続化プロバイダーを実装するために Windows Communication Foundation (WCF) インフラストラクチャで使用されるクラスが含まれています。
System.Runtime.ExceptionServices System.Runtime.ExceptionServices 名前空間は、高度な例外処理のためのクラスを提供します。
System.Runtime.Hosting System.Runtime.Hosting 名前空間には、アプリケーション ドメインでアプリケーションのアクティベーションを行う場合など、高度な開発を想定した型が含まれます。
System.Runtime.InteropServices System.Runtime.InteropServices 名前空間は、COM 相互運用サービスとプラットフォーム呼び出しサービスをサポートする各種メンバーを提供します。 これらのサービスの詳細については、「Interoperating with Unmanaged Code」を参照してください。
System.Runtime.InteropServices.ComTypes System.Runtime.InteropServices.ComTypes 名前空間には、マネージ コード用に COM の関数を定義したメソッドが含まれます。 System.Runtime.InteropServices 名前空間の UCOM* メソッドは廃止されました。代わりにこれらの関数を使用してください。
System.Runtime.InteropServices.CustomMarshalers .NET Framework の内部マーシャリング サポートを提供します。
System.Runtime.InteropServices.Expando System.Runtime.InteropServices.Expando 名前空間には、メンバーを追加または削除してオブジェクトを変更できる IExpando インターフェイスがあります。
System.Runtime.InteropServices.WindowsRuntime System.Runtime.InteropServices.WindowsRuntime 名前空間には、マネージ コードと Windows ランタイム 間の相互運用をサポートし、マネージ コードを使用した Windows ランタイム 方の作成を実現するクラスが含まれています。
System.Runtime.Remoting System.Runtime.Remoting 名前空間には、開発者が分散アプリケーションを作成および構成するためのクラスとインターフェイスが用意されています。 System.Runtime.Remoting 名前空間のより重要なクラスには、RemotingConfiguration クラス、RemotingServices クラス、および ObjRef クラスがあります。
System.Runtime.Remoting.Activation System.Runtime.Remoting.Activation 名前空間は、リモート オブジェクトのサーバーおよびクライアント アクティベーションをサポートしているクラスおよびオブジェクトを提供します。
System.Runtime.Remoting.Channels System.Runtime.Remoting.Channels 名前空間には、チャネルとチャネル シンクをサポートおよび処理するクラスが含まれています。チャネルとチャネル シンクは、クライアントがリモート オブジェクトでメソッドを呼び出すときに、トランスポート メディアとして使用されます。
System.Runtime.Remoting.Channels.Http System.Runtime.Remoting.Channels.Http 名前空間には、リモートの場所へ、またはリモートの場所から、メッセージやオブジェクトを転送するために HTTP プロトコルを使用するチャネルが含まれます。 既定の HTTP チャネルでは、伝送のためにオブジェクトとメソッドの呼び出しが SOAP 形式でエンコードされますが、他のエンコード フォーマッタ シンクとデコード フォーマッタ シンクをチャネルの構成プロパティに指定することもできます。 System.Runtime.Remoting.Channels.Http 名前空間の最も重要なクラスの 1 つは、HttpChannel クラスです。
System.Runtime.Remoting.Channels.Ipc System.Runtime.Remoting.Channels.Ipc 名前空間には、Windows オペレーティング システムのプロセス間通信 (IPC) システムを使用したリモート処理の通信チャネルが定義されています。 IPC チャネルはネットワーク通信を使用しないため、HTTP チャネルおよび TCP チャネルよりはるかに高速ですが、物理的に同一のコンピューター上のアプリケーション ドメイン間での通信にのみ使用できます。
System.Runtime.Remoting.Channels.Tcp System.Runtime.Remoting.Channels.Tcp 名前空間には、リモートの場所へ、またはリモートの場所から、メッセージやオブジェクトを転送するために TCP プロトコルを使用するチャネルが含まれます。 既定の TCP チャネルでは、伝送のためにオブジェクトとメソッドの呼び出しがバイナリ形式でエンコードされますが、他のエンコード フォーマッタ シンクとデコード フォーマッタ シンクをチャネルの構成プロパティに指定することもできます。 System.Runtime.Remoting.Channels.Tcp 名前空間の最も重要なクラスの 1 つは、TcpChannel クラスです。
System.Runtime.Remoting.Contexts System.Runtime.Remoting.Contexts 名前空間には、すべてのオブジェクトが格納されているコンテキストを定義するオブジェクトが含まれています。 コンテキストとは、オブジェクトが存在する環境を定義する順序付けられた一連のプロパティです。 コンテキストは、同期、トランザクション、ジャスト イン タイム (JIT) アクティベーション、セキュリティなど、特定の自動サービスを要求するように構成されているオブジェクトのアクティベーション プロセス中に作成されます。 1 つのコンテキスト内に複数のオブジェクトを常駐させることができます。
System.Runtime.Remoting.Lifetime System.Runtime.Remoting.Lifetime 名前空間には、リモート オブジェクトの有効期間を管理するクラスが含まれています。
System.Runtime.Remoting.Messaging System.Runtime.Remoting.Messaging 名前空間には、メッセージを作成および転送するために使用されるクラスが含まれています。 リモート処理インフラストラクチャは、メッセージを使用してリモート オブジェクトと通信します。 メッセージは、リモート メソッド呼び出しの送信、リモート オブジェクトのアクティブ化、および情報の通信を目的として使用されます。 メッセージ オブジェクトは、アクション ID、エンボイ情報、およびパラメーターを含む、名前付きプロパティのセットを搬送します。 System.Runtime.Remoting.Messaging 名前空間の重要なクラスには、AsyncResult クラス、RemotingSurrogateSelector クラス、および ReturnMessage クラスがあります。
System.Runtime.Remoting.Metadata System.Runtime.Remoting.Metadata 名前空間には、オブジェクトおよびフィールドに対応する SOAP の生成や処理をカスタマイズするために使用できるクラスと属性が含まれています。 この名前空間のクラスを使用して、SOAPAction ヘッダー フィールド、型の出力、XML 要素名、およびメソッドの XML 名前空間 URI を指定できます。 この情報は、SOAP の生成時に SOAP シリアライザーによって使用されたり、Web サービス記述言語 (WSDL: Web Services Description Language) の生成時に Soapsuds Tool (Soapsuds.exe) によって使用されたりします。 この名前空間の属性で指定した情報は、生成された SOAP の受信側で、リモートからのメソッドの呼び出しやリモート オブジェクトの処理をカスタマイズするために使用できます。 System.Runtime.Remoting.Metadata 名前空間の最も重要なクラスの 1 つは、SoapAttribute クラスです。 SoapAttribute クラスは、実質的な機能は持っておらず、すべてのメタデータ属性の基本クラスとしてだけ使用できます。 SOAPAction HTTP ヘッダー フィールドの詳細については、www.w3.org/tr/soap/#_Toc478383528 を参照してください。
System.Runtime.Remoting.Metadata.W3cXsd2001 System.Runtime.Remoting.Metadata.W3cXsd2001 名前空間には、2001 年に W3C (World Wide Web Consortium) によって定義された XML スキーマ定義 (XSD: XML Schema Definition) が含まれています。 W3C の『XML Schema Part 2: Datatypes』仕様では、さまざまなデータ型の形式と動作が規定されています。 この名前空間には、W3C 仕様に準拠するデータ型のラッパー クラスが含まれます。 すべての日付と時刻の型は、ISO 標準仕様に準拠しています。
System.Runtime.Remoting.MetadataServices System.Runtime.Remoting.MetadataServices 名前空間には、リモート処理インフラストラクチャの XML スキーマとの間でメタデータを変換するために、Soapsuds.exe コマンド ライン ツールおよびユーザー コードで使用するクラスが含まれています。 この名前空間の重要なクラスには、SdlChannelSink クラスと MetaData クラスがあります。
System.Runtime.Remoting.Proxies System.Runtime.Remoting.Proxies 名前空間には、プロキシの機能を制御および提供するクラスが含まれています。 プロキシとは、リモート オブジェクトのイメージであるローカル オブジェクトです。 プロキシを使用すると、クライアントはリモート処理境界を越えてオブジェクトにアクセスできます。
System.Runtime.Remoting.Services System.Runtime.Remoting.Services 名前空間には、.NET Framework に機能を提供するサービス クラスが含まれています。 この名前空間の最も重要なクラスの 1 つは TrackingServices クラスです。
System.Runtime.Serialization System.Runtime.Serialization 名前空間は、オブジェクトのシリアル化および逆シリアル化に使用できるクラスを格納します。 シリアル化とは、別の場所へのストレージまたは伝送のために、オブジェクトまたはオブジェクトのグラフをバイトのリニア シーケンスに変換するプロセスです。 逆シリアル化は、格納されている情報を取り込んで、そこからオブジェクトを再び作成するプロセスです。
System.Runtime.Serialization.Configuration System.Runtime.Serialization.Configuration 名前空間には、アプリケーション構成の system.xml.serialization セクション内の値を読み取るために使用されるクラスが含まれています。 この名前空間のクラスは、構成要素を処理するためにシリアル化インフラストラクチャで使用されます。直接使用することはできません。 DataContractSerializer を構成するには、代わりに、アプリケーション構成ファイルを作成し、次の XML 要素を使用します。<declaredTypes><knownType> 要素の <system.xml.serialization><dataContractSerializer><declaredTypes><add> 要素
System.Runtime.Serialization.Formatters System.Runtime.Serialization.Formatters 名前空間は、シリアル化フォーマッタによって使用される一般的な列挙体、インターフェイス、およびクラスを提供します。
System.Runtime.Serialization.Formatters.Binary System.Runtime.Serialization.Formatters.Binary 名前空間には、オブジェクトをバイナリ形式でシリアル化および逆シリアル化するために使用できる BinaryFormatter クラスが含まれています。
System.Runtime.Serialization.Formatters.Soap System.Runtime.Serialization.Formatters.Soap 名前空間には、オブジェクトを SOAP 形式でシリアル化および逆シリアル化するために使用できる SoapFormatter クラスが含まれています。 この名前空間の型を使ったアプリケーションをビルドする場合は、System.Runtime.Serialization.Formatters.Soap.dll アセンブリを参照する必要があります。
System.Runtime.Serialization.Json JSON シリアル化に関連するクラスを提供します。
System.Runtime.Versioning System.Runtime.Versioning 名前空間には、.NET Framework と連携したバージョン管理をサポートする、高度な開発を想定した型が含まれます。
表示: