この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Threading 名前空間

System.Threading 名前空間には、マルチスレッド プログラミングを実現する型が含まれます。子名前空間には、同時実行コードおよび非同期コードを簡単に記述できるようにする型が用意されいてます。

名前空間 説明
System.Threading System.Threading 名前空間には、マルチスレッド プログラミングを実現するクラスとインターフェイスが用意されています。 この名前空間には、スレッドの動作やデータへのアクセスを同期するためのクラス (MutexMonitorInterlockedAutoResetEvent など) のほか、システムが提供するスレッド プールを使用するための ThreadPool クラス、スレッド プール スレッドでコールバック メソッドを実行するための Timer クラスも用意されています。
System.Threading.Tasks System.Threading.Tasks 名前空間は、同時実行コードおよび非同期コードを簡単に記述できるようにする型を提供します。 主要な型には、待機および取り消しができる非同期操作を表す System.Threading.Tasks.Task と、値を返すことができるタスクである System.Threading.Tasks.Task<TResult> があります。 System.Threading.Tasks.TaskFactory クラスには、タスクを作成および開始するための静的メソッドが用意されています。また、System.Threading.Tasks.TaskScheduler クラスは、既定のスレッド スケジュール インフラストラクチャを提供します。
System.Threading.Tasks.Dataflow System.Threading.Tasks.Dataflow 名前空間は、粒度の粗いデータ フローおよびパイプライン処理タスクのためのインプロセス メッセージ パッシングをサポートする、アクター ベースのプログラミング モデルを提供します。 詳細については、「Dataflow (Task Parallel Library)」を参照してください。
表示: