エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

String.CompareTo メソッド (Object)

このインスタンスと指定した Object とを比較し、並べ替え順序において、このインスタンスの位置が指定した Object の前、後ろ、または同じのいずれであるかを示します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public int CompareTo(
	Object value
)

パラメーター

value
型 : System.Object
String に評価されるオブジェクト。

戻り値

型 : System.Int32
並べ替え順序において、このインスタンスの位置が value パラメーターよりも前、後ろ、または同じのいずれであるかを示す 32 ビット符号付き整数。

状態

0 より小さい値

このインスタンスの位置が value よりも前です。

0

このインスタンスの位置が、並べ替え順序において value と同じです。

0 を超える値

このインスタンスの位置が value よりも後ろです。

または

valuenull なので、

実装

IComparable.CompareTo(Object)

例外条件
ArgumentException

valueString ではありません。

valueString オブジェクトである必要があります。

Caution メモ注意

CompareTo メソッドは、主にアルファベット順などでの並べ替え操作に使用するために設計されています。 2 つの文字列が等しいかどうかを判断することが目的である場合は、使用しないでください。 2 つの文字列が等価かどうかを判断するには、Equals メソッドを呼び出してください。

このメソッドは、現在のカルチャを使用して、単語 (大文字/小文字を区別し、カルチャに依存した) 比較を実行します。 単語、文字列、序数の並べ替えの詳細については、「System.Globalization.CompareOptions」を参照してください。

このメソッドの動作の詳細については、String.Compare(String, String) メソッドの解説を参照してください。

呼び出し時の注意

文字セットには無視できる文字が含まれています。 CompareTo のメソッドは、カルチャに依存した比較を実行するときに、このような文字は考慮されません。 たとえば、次のコードに .NET Framework 4 以降で実行すると、「Animal」を持つ「Animal」比較 (ソフト ハイフン、または U+00AD 2) を使用して二つの文字列が等しいことを示します。


using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string s1 = "ani\u00ADmal";
      object o1 = "animal";

      Console.WriteLine("Comparison of '{0}' and '{1}': {2}", 
                        s1, o1, s1.CompareTo(o1));
   }
}
// The example displays the following output:
//       Comparison of 'ani-mal' and 'animal': 0


文字列比較の無視できる文字を識別するには、CompareOrdinal(String, String) のメソッドを呼び出します。

CompareTo メソッドを Object と共に使用する方法を次の例に示します。


using System;

public class MyClass {}

public class Example 
{
   public static void Main()
   {
      MyClass my = new MyClass();
      string s = "sometext";
      try 
      {
         int i = s.CompareTo(my);
      }
      catch (Exception e) 
      {
         Console.WriteLine("Error: {0}",e.ToString());
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//    Error: System.ArgumentException: Object must be of type String.
//       at System.String.CompareTo(Object value)
//       at Example.Main()


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft