CompareTo メソッド (Object)
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

String.CompareTo メソッド (Object)

 

このインスタンスと指定した Object とを比較し、並べ替え順序において、このインスタンスの位置が指定した Object の前、後ろ、または同じのいずれであるかを示します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public int CompareTo(
	object value
)

パラメーター

value

String に評価されるオブジェクト。

戻り値

Type: System.Int32

並べ替え順序において、このインスタンスの位置が value パラメーターよりも前、後ろ、または同じのいずれであるかを示す 32 ビット符号付き整数。

状態

0 より小さい値

このインスタンスの位置が value よりも前です。

0

このインスタンスの位置が、並べ替え順序において value と同じです。

0 より大きい値

このインスタンスの位置が value よりも後ろです。

または

valuenull です。

Exception Condition
ArgumentException

valueString ではありません。

value 必要があります、 String オブジェクトです。

System_CAPS_caution注意

CompareTo メソッドは、並べ替えまたは操作をアルファベット順に並べ替えで使用するため、主に設計されました。メソッドの呼び出しの主な目的は 2 つの文字列が等価であるかどうか判断するときに使用されません。2 つの文字列が等価であるかどうかを確認するのに呼び出し、 Equals メソッドです。

このメソッドは、現在のカルチャを使用して、単語 (大文字小文字を区別し、カルチャに依存) 比較を実行します。詳細については、単語、文字列、および序数の並べ替え、次を参照してください。 System.Globalization.CompareOptionsです。

このメソッドの動作に関する詳細については、は、「解説」を参照してください。、 String.Compare(String, String) メソッドです。

呼び出し元へのメモ:

文字セットには無視できる文字が含まれています。 CompareTo ユーザーは、カルチャに依存した比較を実行する場合は、メソッドにはこのような文字は考慮されません。次のコードが実行される場合など、 .NET Framework 4 または、後で、「動物」「ani に誤りがある」(ソフト ハイフン、または u 00AD を使用) との比較、2 つの文字列が同等であることを示します。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string s1 = "ani\u00ADmal";
      object o1 = "animal";

      Console.WriteLine("Comparison of '{0}' and '{1}': {2}", 
                        s1, o1, s1.CompareTo(o1));
   }
}
// The example displays the following output:
//       Comparison of 'ani-mal' and 'animal': 0

文字列比較では無視できる文字を認識して呼び出し、 CompareOrdinal(String, String) メソッドです。

次の例では、 CompareTo メソッドを Objectです。しようとすると比較するため、 String インスタンスを TestClass オブジェクト、メソッドがスロー、 ArgumentExceptionです。

using System;

public class TestClass
{}

public class Example 
{
   public static void Main()
   {
      var test = new TestClass();
      Object[] objectsToCompare = { test, test.ToString(), 123,
                                    123.ToString(), "some text",
                                    "Some Text" };
      string s = "some text";
      foreach (var objectToCompare in objectsToCompare) {
         try {
            int i = s.CompareTo(objectToCompare);
            Console.WriteLine("Comparing '{0}' with '{1}': {2}",
                              s, objectToCompare, i);
         }
         catch (ArgumentException) {
            Console.WriteLine("Bad argument: {0} (type {1})",
                              objectToCompare,
                              objectToCompare.GetType().Name);
         }
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//    Bad argument: TestClass (type TestClass)
//    Comparing 'some text' with 'TestClass': -1
//    Bad argument: 123 (type Int32)
//    Comparing 'some text' with '123': 1
//    Comparing 'some text' with 'some text': 0
//    Comparing 'some text' with 'Some Text': -1

.NET Framework
1.1 から利用可能
Silverlight
2.0 から利用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 から利用可能
トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft