エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Phone の試用版アプリケーション作成の概要

2012/02/09

Windows Phone Marketplace では、アプリケーションの試用モードをデザインして実装できます。一般的に、ユーザーは新しい製品を試用することを好み、事前に試用できるとアプリケーションを購入する可能性が大幅に高まります。

Windows Phone Application Platform を使用すると、単一の XAP パッケージ内で試用バージョンとフル バージョンのアプリを簡単に提供することができます。試用しているアプリを購入するユーザーは、試用アプリ内から使い慣れた Windows Phone Marketplace 購入操作にシームレスに進むことができます。

アプリケーションの試用エクスペリエンスをどのように設計するかについては、何も制限がありません。ユーザーにどの程度の機能を公開するか、試用モードの時間を制限するかどうか、ユーザーにアプリケーションの購入をどのように案内するかなどを決定できます。また、ユーザーが試用版アプリケーションの購入を選択した場合に、アプリケーションのデータおよび状態を保持するかどうかも決定できます。

試用モードのアプリケーションを Windows Phone Marketplace に送信する際、[試用アプリケーション] ボックスをオンにすると、Windows Phone Marketplace クライアントによってアプリの詳細ページに [試用] オプション ビューが表示されます。

試用と購入の概要

試用モードのテストの概要

試用版アプリケーションのベスト プラクティス

試用と購入の概要

アプリに試用モードを実装するには、試用の動作がフル モードの動作とどのように異なるかを定義および実装する必要があります。ユーザーによって実行される際に正しいモードで実行するために、アプリが試用の実行権とフルの実行権のいずれで実行されているかをコードによって判断する必要があります。購入パスを指定するには、コードで Windows Phone Marketplace クライアントを起動する必要があります。

ユーザーのアプリ実行権における試用/フルの状態は、ライセンスで保持されます。ユーザーがアプリケーションを試用する際は、アプリを試用する権利を付与するライセンスと共にアプリケーションが電話にインストールされます。試用ライセンスに有効期限はありませんが、ユーザーが試用しているアプリを購入すると、フル ライセンスがダウンロードされます。試用ライセンスがフル ライセンスに置き換えられ、アプリケーションにフルの権利が付与されます。

実行時のライセンスが試用の実行権とフルの実行権のいずれであるかを判断するために、Windows Phone 7 には、アプリケーションが試用ライセンスで実行されている場合は true、アプリケーションが購入済みでフル ライセンスで実行されている場合は false を返すメソッドがあります。

試用ユーザーがアプリケーションを購入できるように、Windows Phone 7 は、アプリの購入ページに対して Windows Phone Marketplace クライアントを開くメソッドを提供します。

XNA Framework 開発者は GamerServices.Guide クラスを使用して、試用と購入のエクスペリエンスをビルドする必要があります。Guide.IsTrialMode プロパティを使用して現在のライセンス モードを取得し、Guide.ShowMarketplace メソッドを使用して購入エクスペリエンスを開始します。

Silverlight アプリは、上記の XNA Framework メソッドを使用するか、または IsTrial()()()() メソッドを使用して現在のライセンス状態を直接取得し、MarketplaceDetailTask クラスの Show()()()() メソッドを使用して購入エクスペリエンスを開始することができます。各選択肢の利点と欠点を理解するには、下記のセクション「試用モードのテストの概要」を参照してください。

Silverlight アプリケーションの試用エクスペリエンスの実装の詳細については、「方法: Windows Phone 用 Silverlight アプリケーションに試用エクスペリエンスを実装する」を参照してください。XNA Framework アプリケーションの試用エクスペリエンスの実装については、「方法: Windows Phone 用 XNA Framework アプリケーションに試用エクスペリエンスを実装する」を参照してください。

試用モードのテストの概要

試用状態を判断して購入のために Windows Phone Marketplace に移動する操作は、アプリケーションのテスト時またはデバッグ時にコードによってシミュレートする必要があります。必要なライセンスおよび Windows Phone Marketplace ID のプロパティは、アプリケーションが完成して送信された後に作成されるため、この機能のメソッドはデバッグ モードまたはテスト モードでは機能しません。

XNA Framework アプリケーションは、これらの機能に対して常に GamerServices.Guide クラスを使用する必要があります。このクラスには、試用と購入のシミュレーション機能が組み込まれていす。詳細については、「Marketplace コンテンツの試用モードのシミュレート」を参照してください。

Silverlight アプリケーションは、GamerServices.Guide クラスを使用することも、独自のカスタム動作を実装することもできます。Silverlight アプリで GamerServices.Guide 呼び出しを使用すると、デバッグ中およびテスト中に試用ライセンス状態をシミュレートするいくつかの作業を省略することができます。LicenseInformation.IsTrial メソッドと MarketplaceDetailTask.Show メソッドを使用すると、試用のテスト メソッドおよびデバッグ メソッドをカスタマイズしやすくなります。

このセクションでは、試用版アプリケーションの作成時に考慮する必要があるベスト プラクティスについて説明します。

重要な注重要な注:

試用状態を頻繁にチェックする場合は、ライセンス状態をキャッシュします。IsTrial()()()() メソッドと Guide.IsTrialMode プロパティは、イベント ドリブンとして設計されています。通常の呼び出しには、およそ 60 ミリ秒以上かかります。

  • XNA アプリケーションは、常に GamerServices.Guide クラスを使用して試用モードを実装する必要があります。

  • Guide.SimulateTrialMode フラグを TRUE に設定する際は、常に #if DEBUG/#endif ステートメントで囲みます。

  • アプリケーションの読み込み時または再開時には、IsTrial()()()() 状態をチェックします。

    特に IsTrial()()()() 状態をキャッシュすると、試用設計上のいくつかの潜在的な欠陥を回避することができます。

  • 試用の期間を制限することによって、アプリケーションの価値を保護しようとしないでください。

    通常、フル モードのアプリケーションの価値は、キー コード パスへの試用アクセスを制限することによって最適に保護することができます。制限時間内にフル モードの動作を提供する試用設計は、ユーザーがアプリケーションを制限なしにアンインストールおよび再試行することが可能であるため、再使用する上で不都合となる場合があります。

  • 試用の終了前にユーザーが試用版アプリケーションを購入できるようにします。

  • 必然的にもっとプレイしたくなるようなアプリケーション ポイントに試用制限を実装することによって、アプリケーションをなぜ購入したいのかをユーザーが認識できるようにします。

    たとえば、ユーザーがゲームの第 1 レベルをプレイできるようにし、それ以上のレベルをプレイして得点を保持したりゲーム サービスに接続する場合は、アプリケーションの購入が必要になるように設計します。

表示:
© 2015 Microsoft