情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のユーザー インターフェイス

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

ここでは、Windows Phone アプリに最適な UI を設計する方法を説明します。

Windows Phone アプリのレイアウトの作成には、アプリのオブジェクトのサイズを指定して配置するプロセスが含まれます。オブジェクトを配置するには、CanvasStackPanel、および Grid などのコンテナー パネルにオブジェクトを配置する必要があります。このセクションのトピックでは、Windows Phone のレイアウト システム、画面の向き、および複数解像度アプリ開発について説明します。このセクションには次のトピックが含まれています。

テーマは、Windows Phone のビジュアル要素をカスタマイズする際に使用する一連のリソースです。スタイルの観点からデバイスのネイティブ UI のルック アンド フィールを維持したアプリを作成できます。これらのスタイル プロパティには、背景色、アクセント カラーなどがあります。テーマを使用すると、コントロールと UI 要素について、電話間で一貫した表示を確保できます。このセクションには次のトピックが含まれています。

Windows Phone には、テキストを表示するための要素と、各種の書式設定されたテキストを作成するためのプロパティが用意されています。このセクションには次のトピックが含まれています。

ユーザーがアプリの最も一般的なタスクにすばやくアクセスできるように、アプリ バーを作成することができます。Windows Phone アプリ バーを使用すると、デバイス上のすべてのアプリ間で一貫したユーザー エクスペリエンスを実現するのに役立ちます。このセクションには次のトピックが含まれています。

Windows Phone 8 の新機能として、ユーザーは音声を使ってアプリケーションを操作できます。音声による操作には、音声コマンド、音声認識、音声合成 (読み上げ) などの種類があります。音声認識サポートの詳細については、「Windows Phone 8 の音声」を参照してください。

表示: