情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のプッシュ通知を送信するように認証済み Web サービスを設定する

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

次のような理由から、通知を Microsoft Push Notification Service (MPNS) に送信するように認証済み Web サービスを設定することをお勧めします。

  • 認証済み Web サービスを利用する通信は HTTPS で行われるので、HTTP を使用する未認証の Web サービスよりも高いセキュリティが確保されます。

  • 認証済み Web サービスには、1 日に送信できるプッシュ通知の数に対する制限はありません。一方、認証されていない Web サービスでは、1 サブスクリプションでの 1 日のプッシュ通知の数が 500 に制限されます。

Web サービスの開発中に、Web サービスと MPNS との間で HTTPS インターフェイスおよび相互認証のテストが必要になる場合があります。そのためには次の手順を完了し、トランスポート層セキュリティ (TLS) 証明書を デベロッパー センター の自分のアカウントにアップロードします。

  1. デベロッパー センター の自分のアカウントにサインインします。

  2. アカウント設定に移動します。

  3. [証明書] を選択し、指示に従って証明書をアップロードします。

    重要:重要:

    デベロッパー センター にアップロードされる TLS 証明書は次の基準を満たしている必要があります。

    • TLS 証明書の Key-Usage の値を、クライアント認証を含むように設定する必要があります。

    • 証明書のルート証明機関 (CA) は、「Windows Phone OS 7.1 の SSL ルート証明書」に列記されている CA のいずれかである必要があります。アプリが Windows Phone OS 7.1 と Windows Phone 8 のどちらに使用されるかに関係なく、この一覧を使用します。

証明書をアップロードしたら、次の手順を完了し、認証されたチャネルを使用します。

  1. Service Name を証明書の Subject の値に含まれる共通名 (CN) に設定します。

  2. TLS 証明書を Web サービスにインストールし、HTTP クライアント認証を有効にします。

Web サービスは、デベロッパー センターにアップロードされた証明書の期限が切れるまで認証されます。アプリの開発が終わったら、アプリを デベロッパー センター に送信します。送信するときは必ず適切な TLS 証明書を選択します。

Microsoft Push Notification Services (MPNS) を利用して Windows Phone アプリにクォータなし (非スロットル) プッシュ通知を実装するための手順については、「ルート証明機関を使用してクォータなしプッシュ通知」を参照してください。クォータなしのプッシュ通知を実装するということは、アプリがプッシュ通知の 1 日の限度によって制限されないことを意味します。

表示: