情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の Pivot コントロールのアーキテクチャ

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

ピボット アプリは、コンテンツの個別ページをホストする基本の Pivot コントロールで構成されます。PivotItem コントロールの役割は、ページ内のコンテンツを表示することです。デザイナーを使用するか、プログラムによって、これらの要素を操作できます。このトピックでは、Pivot コントロールと PivotItem コントロールのアーキテクチャおよび構造について詳細に説明します。

AP_CoreCon_PivotAnatomy

このトピックは、次のセクションで構成されています。

Pivot コントロールは、ピボット アプリの基本コントロールであり、2 つの異なるレイヤーで構成されます。各レイヤーは、Pivot コントロールのレイアウト ルートとして機能する Grid コントロール内に含まれます。

レイヤー

説明

ヘッダー リスト要素

PivotHeadersControl

ピボット項目のヘッダーを表示するための要素。

ピボット項目プレゼンター

ItemsPresenter

セットから 1 つの PivotItem コントロールを表示する ItemsPresenter コントロール。

ヘッダー リスト要素

ヘッダーはコントロールの幅を超えるまで表示され、現在のヘッダーは強調表示されます。 コントロールの幅全体を占めるのに十分な数のヘッダーを使用できない場合でも、ヘッダーはループせず、各ヘッダーは 1 回だけ表示されます。

ピボット項目プレゼンター

これは、項目のコンテンツに対するプレースホルダーとしての役割を果たす、標準の ItemsPresenter コントロールです。PivotItem コントロールが格納されます。

PivotItem コントロールは、個別の表示ページ内のコンテンツが表示されます。PivotItem コントロールは、XAML では標準の ItemsControl 要素として定義されます。PivotItem コントロールには、Pivot コントロールのレイアウト ルートとして機能する Grid コントロールに含まれる単一のレイヤーが含まれます。

レイヤー

説明

Content

ContentPresenter

PivotItem コンテンツを表示する ContentPresenter コントロール。

Content

これは、コンテンツに対するプレースホルダーとして使用される標準の ContentPresenter コントロールです。

Pivot コントロールの内部に定義できるのは PivotItem コントロールだけです。別の要素を Pivot コントロールに配置しようとすると、PivotItem コントロール内にラップされます。PivotItem コントロールのコンテンツは、XAML コードで指定するか、または Content プロパティを使用してプログラムで追加することができます。

表示: