方法: Windows Phone アプリケーションの状態が変化したときにデバッグする

2012/02/09

Windows Phone アプリケーションは独自の実行モデルの下で動作します。Windows Phone アプリケーションはアクティブ状態から休止状態へ、休止状態から廃棄状態へと変化できます。アプリケーションは各状態でテストする必要があります。Windows Phone のアプリケーション状態の詳細については、「Windows Phone の実行モデルの概要」を参照してください。

このトピックでは、状態変更時のアプリケーションのデバッグ作業とデバッグ動作について説明します。また、デバッグのため、アプリケーションの状態を強制的に変更する方法についても説明します。

Visual Studio 2010 Express for Windows Phone では、アプリケーション状態の変更時に 1 つのデバッグ セッションでアプリケーションをデバッグできます。非アクティブ化されたアプリケーションが廃棄状態または休止状態になった場合のアプリケーションのデバッグ動作について以下に説明します。

  • アプリケーションのデバッグ中に [スタート] または [戻る] をクリックすると、次の動作が発生します。

    • [スタート] をクリックすると、Deactivated イベント ハンドラが呼び出されます。[スタート] をクリックした後に [戻る] をクリックすると、Activated イベント ハンドラが呼び出されます。

    • [戻る] をクリックし、アプリケーションが終了した場合、Deactivated および Activated イベント ハンドラは呼び出されません。

  • ブレークポイントのヒット カウントはアプリケーションの非アクティブ化までしか保持されません。

  • 2 番目の Windows Phone アプリケーションが Visual Studio の別インスタンスから起動された場合、デバッガーで実行されている最初のアプリケーションは廃棄状態にされた後、終了します。

  1. Visual Studio 2010 Express for Windows Phone で F5 キーを押すか [デバッグ開始] をクリックしてアプリケーションを起動します。

  2. [スタート] をクリックするか、ランチャーまたはセレクターを開いて、アプリケーションを非アクティブにします。

    アプリケーションが非アクティブになり、休止状態または廃棄状態になると、プロセスは実行されていませんが、デバッグ セッションは保持されています。[デバッグの終了] または Shift + F5 キー以外のデバッグ操作は無効です。

  3. [戻る] をクリックするか、ランチャーかセレクターから戻り、アプリケーションを再度アクティブにします。

    アプリケーションが再度アクティブになると、デバッガーは再度アクティブになったプロセスにアタッチされ、すべてのデバッグ操作を実行できます。

  1. Visual Studio 2010 Express for Windows Phone でプロジェクトを選択し、[プロジェクト] メニューの [プロパティ] をクリックします。

  2. Silverlight for Windows Phone プロジェクトの場合は、プロジェクト デザイナーで [デバイス] タブをクリックします。

    または

    XNA Framework Windows Phone Game プロジェクトの場合は、プロジェクト デザイナーで [XNA Game Studio] タブをクリックします。

  3. アプリケーションが非アクティブ化されたら廃棄状態にする場合、[デバッグ時に非アクティブ化されたら廃棄状態にする] チェック ボックスをオンにします。非アクティブなときにアプリケーションを休止状態にするには、このチェック ボックスをオフにします。次の図はチェック ボックスを示します。

    次の図は、Silverlight for Windows Phone プロジェクトのチェック ボックスを示しています。XNA Windows Phone Game プロジェクトでは、[XNA Game Studio] ページの下部にチェック ボックスがあります。

    AP_Con_DebugStateChanges

表示: