Windows Phone でのランチャーとセレクターの概要

2012/02/09

Windows Phone アプリケーションでランチャーとセレクターを使用して、ユーザーが一般的なタスクを実行できるようにすることができます。ランチャーとセレクターを使用して、Windows Phone プラットフォーム全体で一貫したユーザー エクスペリエンスを提供できます。同時に、ランチャーとセレクターを使用して、追加の機能を提供し、アプリケーションを目立たせることができます。

ランチャーとセレクターの API は、別の組み込みアプリケーションを呼び出して、現在実行しているアプリケーションから切り替えます。ランチャーとセレクターのフレームワークを適切に実装すると、アプリケーションの切り替えを意識しない、シームレスな操作性をエンド ユーザーに提供できます。

ランチャーは、ユーザーがタスクを実行する連絡先アプリケーションや Web ブラウザーなどの組み込みのアプリケーションを起動する API です。新しいアプリケーションが表示されたら、ユーザーはタスクを完了するかキャンセルするかを選択できます。ユーザーは新しいアプリケーションを閉じると、通常、呼び出し元のアプリケーションが再度アクティブ化されます。ランチャー タスクの例には、電子メールの作成、ソーシャル ネットワークのリンクの共有、特定の Web サイトにブラウザを開くことなどがあります。

注注:

ランチャーは、アプリケーションにデータまたは状態を返しません。

次に、ランチャーを使用する一般的な手順を示します。

  1. ランチャーのタスクの種類のインスタンスを作成します。

  2. タスク オブジェクトの必須プロパティおよびオプションのプロパティを設定します。これらによって、タスク アプリケーションの起動時の動作が決まります。

  3. タスク オブジェクトの Show メソッドを呼び出します。

使用可能なすべてのランチャーとそれらを使用したコードについては、「Windows Phone のランチャー」を参照してください。

セレクターは、ユーザーがタスクを実行する連絡先アプリケーションやカメラなどの組み込みのアプリケーションを起動する API です。新しいアプリケーションが表示されたら、ユーザーはタスクを完了するかキャンセルするかを選択できます。ユーザーは新しいアプリケーションを閉じると、通常、呼び出し元のアプリケーションが再度アクティブ化され、データとステータスが提供されます。セレクター タスクの例には、連絡先の電子メール アドレスの選択、電話からの写真の取得、新しい着信音の保存などがあります。

注注:

セレクターは、アプリケーションにデータおよび状態を返すことができます。ただし、新しいアプリケーションが開いている間にユーザーが [スタート] を押すと、呼び出し元のアプリケーションは再度アクティブ化されないことがあります。

次に、セレクターを使用する一般的な手順を示します。

  1. ランチャーのタスクの種類のインスタンスを作成します。

  2. ユーザーがタスクを完了した後に実行するコールバック メソッドを指定します。

  3. タスク オブジェクトの必須プロパティおよびオプションのプロパティを設定します。

  4. タスク オブジェクトの Show メソッドを呼び出します。

  5. ユーザーがタスクを完了した後に、データとステータスをキャプチャする完了イベント ハンドラーを実装します。

使用可能なすべてのセレクターとそれらを使用したコードについては、「Windows Phone のセレクター」を参照してください。

Windows Phone アプリケーションの開発者は、別のアプリケーションが起動されたときに、呼び出し元のアプリケーションが休止状態または廃棄状態になることに注意する必要があります。特に、ランチャーまたはセレクターを使用する際には、この点に注意することが重要になります。

新しいタスク アプリケーションが起動されると、アプリケーションは非アクティブ化され、実行中状態ではなくなります。通常、アプリケーションはオペレーティング システムによって休止状態にされます。タスクの完了後に、ユーザーはメモリ内に保持されていたアプリケーションに戻ることができます。そして、新しいアプリケーションが起動される前と同じ状態で再開することができます。ただし、アプリケーションはオペレーティング システムによって終了させられることもあります。この場合、ユーザーがアプリケーションに戻ると、それは新しいインスタンスであり、アプリケーションの状態は自動的に復元されません。アプリケーションの状態の管理について詳しくは、「Windows Phone の実行モデル」を参照してください。

表示: