方法: Windows Phone のスプラッシュ スクリーンを作成する

2012/02/09

読み込みに数秒以上かかるアプリケーションでは、スプラッシュ スクリーンを使用すると、アプリケーションが起動していることをユーザーに瞬時に伝えることができます。アプリケーションが起動するとスプラッシュ スクリーンが瞬時に表示され、最初のページへの移動が完了するまで表示され続けます。

新しい Silverlight プロジェクトを作成すると、プロジェクトに Splashscreenimage.jpg ファイルが追加されます。このイメージは 480 x 800 ピクセルである必要があります。イメージは、選択したイメージに置き換えることができますが、同じサイズかつ Splashscreenimage.jpg という名前にする必要があります。[ビルド アクション] プロパティは [コンテンツ] に設定する必要があります。

読み込みに時間がかかるアプリケーションでは、アニメーション化されたスプラッシュ スクリーンを使用して、アプリケーションの実行の準備中に進捗状況を示すことをお勧めします

XNA Framework ベースのアプリケーションでは、SplashScreenImage.jpg を含める代わりに、次の処理を行ってスプラッシュ スクリーンを作成することをお勧めします。

  • エントリ アセンブリのサイズを小さくしておきます。

  • Initialize() メソッドで次の処理を行います。

    • base.Initialize() を呼び出して、GraphicsDevice を適切に作成します。

    • テクスチャを読み込みます。対象の解像度およびゲームの向きに合わせてサイズを調整します。テクスチャが 2 の累乗値に自動的にサイズ変更されるように設定します。DXT 圧縮形式を使用します。

    • SpriteBatch を作成します。

    • テクスチャをレンダリングします。

    • GraphicsDevice.Present() を呼び出します。

  • Update() メソッドで、コンテンツを追加的に読み込みます。

  • Draw() メソッドで、スタート テクスチャの描画を続行し、それらのアセットが読み込まれたらすぐに読み込みのアニメーションに切り替えます。

表示: