情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 エミュレーターでのコンピューター キーボードの使用方法

2014/06/18

このトピックでは、Windows Phone エミュレーターのキーボードを使用する方法について説明します。エミュレーターは、開発用コンピューターのハードウェアキーボードの Windows Phone のキーボードへのマッピングをサポートします。キーの動作は、Windows Phone デバイス上と同じです。

既定では、ハードウェア キーボードは有効になっていません。この実装は、使用前に配置する必要があるスライディング キーボードと同じです。ハードウェア キーボードを有効にするまで、エミュレーターはコントロール キーのみからキー入力を受け取ります。

ローカライズ版の Windows 開発コンピューターのキーボードにある特殊文字は、エミュレーターによってサポートされていません。ローカライズされたキーボードに存在する特殊文字を入力するには、代わりにソフトウェア入力パネル (SIP) を使用します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

エミュレーターでハードウェア キーボードを有効にするには

  • PageUp キーを押します。

    または

  • Pause/Break キーを押します。

エミュレーターでハードウェア キーボードを無効にするには

  • PageDown キーを押します。

    または

  • Pause/Break キーを押します。

次の表に、Windows Phone デバイスのボタンおよびその他のコントロールをエミュレートするために使用できる、ハードウェア キーボード上のキーを示します。

コンピューターのハードウェア キー

Windows Phone のハードウェア ボタン

メモ

F1

戻る

長押しが期待どおりに動作します。

F2

スタート

長押しが期待どおりに動作します。

F3

検索

F4

適用できません。

F5

適用できません。

F6

カメラ (半押し)

途中まで押された専用カメラ ボタン。

F7

カメラ (長押し)

専用カメラ ボタン。

F8

適用できません。

F9

音量上げる

F10

音量下げる

F11

適用できません。

F12

電源

F12 キーを 2 回押して、ロック画面を有効にします。

長押しが期待どおりに動作します。

Esc

戻る

長押しが期待どおりに動作します。

Pause/Break

キーボードの切り替え

ハードウェア キーボードを切り替えます。

PageUp

キーボード アップ

ハードウェア キーボードを有効にします。

PageDown

キーボード ダウン

ハードウェア キーボードを無効にします。

表示: