情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の入力

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

Windows Phone アプリケーションには、さまざまなユーザー入力の方法が用意されています。たとえば、アプリ ユーザーがオンスクリーン キーボードを使って入力する、タッチ ジェスチャを使って電話を操作する、インク サポートを使って手書き入力や描画を行う、電話に向かって音声で入力するなどの方法があります。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

アプリケーションで使用するオンスクリーン キーボードには、いくつかの選択肢があります。どれを選択するかは、ユーザーが電話に入力する情報の種類に基づいて決めてください。入力値の種類がわかれば、ユーザーが入力する情報の種類に最も適したオンスクリーン キーボードを指定してユーザーを補助することができます。オンスクリーン キーボード サポートの詳細については、「Windows Phone 8 のオンスクリーン キーボードの入力スコープ インデックス」および「Windows Phone 8 のオンスクリーン キーボード入力スコープを変更する方法」を参照してください。

Windows Phone では、タッチ ジェスチャを使って電話を操作できます。タッチ ジェスチャは、タッチ スクリーンでの 1 本または複数の指によるユーザー操作として定義されます。Windows Phone でサポートされているコントロールは、ジェスチャに対応しています。これらのコントロールでは、tappanflick などのジェスチャがサポートされます。tapdouble-taptap-and-hold などの簡単なジェスチャは、ほぼすべての視覚的要素に存在する UIElement イベントを使用して処理できます。ジェスチャ サポートの詳細については、「Windows Phone 8 のジェスチャ サポート」を参照してください。

操作イベントを処理することにより、タッチ入力を処理します。これらのイベントを処理することで、ユーザーのタッチおよびマルチタッチ入力に対応してオブジェクトの移動や拡大縮小を行うことができます。Windows Phone でサポートされているコントロールは、タッチ操作に対応しています。このようなイベントは、ManipulationStarted イベント、ManipulationDelta イベント、および ManipulationCompleted イベントなどのイベントの操作をサポートしています。操作イベントは、UIElement から派生するオブジェクトでサポートされます。操作サポートの詳細については、「Windows Phone 8 の操作イベントを処理する方法」を参照してください。

インクは、ユーザーがタッチを使って入力する手書きや描画のコンテンツです。インク サポートの詳細については、「Windows Phone 8 のインク サポート」を参照してください。

Windows Phone 8 の新機能として、ユーザーは音声を使ってアプリケーションを操作できます。音声による操作には、音声コマンド、音声認識、音声合成 (読み上げ) などの種類があります。音声認識サポートの詳細については、「Windows Phone 8 の音声」を参照してください。

メモメモ:

アプリ内音声認識サポートは、Windows Phone 8 にのみ適用されます。

表示: